ここから本文です

マンU、元副主将フレッチャーが“入閣”も? 現ストークの35歳MFと交渉か

5/15(水) 23:23配信

フットボールチャンネル

 マンチェスター・ユナイテッドの新たなテクニカルディレクター(TD)に、元副キャプテンであるMFダレン・フレッチャーが就任する可能性が高まっているという。英メディア『スカイ・スポーツ』が14日付で伝えた。

【写真特集】世界最高の選手は誰だ! プレイヤー能力値ランキング(1位~50位)

 6年間にわたってプレミアリーグ優勝から遠ざかり、今季も6位でフィニッシュする失意のシーズンとなったユナイテッド。名門復活に向けた改革として、選手の入れ替えだけでなく、クラブや監督と協力してチーム強化を担当する新たなディレクターも探し続けている。

 これまでにもユナイテッドOBであるピーター・シュマイケル氏、エドウィン・ファン・デル・サール氏、リオ・ファーディナンド氏などが候補として名前を挙げられてきた。だがユナイテッドはフレッチャーともディレクター就任に向けた交渉を行ったと報じられている。

 ユナイテッドは新たなテクニカルディレクターに対し、選手補強に携わるよりも、監督を支えつつクラブとの間を繋ぐ存在となることを期待しているという。ユナイテッドを熟知し、オレ・グンナー・スールシャール現監督ともチームメートだったフレッチャーは適任かもしれない。

 ユナイテッド下部組織出身のフレッチャーは、2003年にデビューしたトップチームで12年間プレー。2015年冬にウェスト・ブロムウィッチへ移籍したあと、過去2年間はストーク・シティでプレーしてきた。ストークとの現在の契約は今季で満了するが、現役引退の意志を明確にはしていない。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:5/15(水) 23:23
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事