ここから本文です

日テレ「ものまねグランプリ」、優勝「霜降り明星」にSNSで異論噴出の舞台裏

5/15(水) 5:54配信

デイリー新潮

採点を見直すと……

 他人を評価することがどれだけ難しいか、経験者でなくとも理解している方は少なくないはずだ。そしてお笑いの世界で審査が最も難しいのは、ものまねだという。

 ***

 5月7日、日本テレビ系列で「ものまねグランプリ特別編 ものまねレジェンドが選ぶ次世代ものまね芸人No.1決定戦」が放送された。

 MCはネプチューン。審査員はコロッケ(59)、神奈月(53)、ホリ(42)の“ものまねレジェンド”3人に、関根勤(65)と井森美幸(50)が加わった計5人だった。

 19時56分に放送が始まり、最初に23組が出場。5組が決勝に残って2本目のネタを披露、22時54分に番組が終了した。

 結果は霜降り明星が優勝。せいや(26)がものまねを担当し、粗品(26)がツッコむという変則的な内容だったが、5人の審査員は高く評価。初出場で栄冠に輝いた。

 ところが、この審査にSNS上で異論が相次ぎ、少なからぬメディアが報じたのだ。代表的なものをご紹介しよう。

《霜降り明星、『ものまねグランプリ』優勝に疑問の声……「漫才なのに?」「明らかに忖度」》(5月8日:cyzo woman)

《『ものまねグランプリ』Mr.シャチホコ酷評に唖然 「これはさすがに…」》(5月8日:しらべぇ)

《『ものまねグランプリ』、真の優勝はMr.シャチホコ?  コロッケの辛口審査・霜降りの優勝に大バッシングが》(5月8日:リアルライブ)

《霜降り明星 ものまねグランプリ優勝に“批判”が殺到していた? 粗品 放送予定のモノマネも「荒れるぞ、燃えるぞ」》(5月11日:COCONUTS)

 それでは決勝戦を振り返ってみよう。5組は出演順にモリタク! (35)と河口こうへい(38)のコンビ、Mr.シャチホコ(26)、山田七海(21)、古賀シュウ(51)、霜降り明星という顔ぶれだった。審査員の採点結果を表にまとめてみた。ご覧いただきたい。

1/2ページ

最終更新:5/15(水) 13:04
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売

「デイリー新潮」は総合週刊誌「週刊新潮」が発信する最新の話題に加え、専任取材班による綿密な取材に裏打ちされた記事を配信するニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事