ここから本文です

“キングZOZO” 戦略転換5つのポイント

5/15(水) 13:00配信 有料

WWD JAPAN.com

(写真:WWD JAPAN.com)

 ファッションECの日本最大手「ゾゾタウン」を運営するZOZOが、堅実路線へ大きくかじを切る。4月25日の決算説明会では、昨年末から大きな話題を振りまいてきた会員制割引サービス“ZOZOARIGATO”の終了、PB事業の拡大戦略からの転換、2021年3月期に時価総額3兆円、流通総額7350億円を掲げた中期ビジョンの撤回などを発表。野心的とも言える大きな目標と革新的なサービスを取り下げる一方、執行役員制度の導入やテナントとの共同開発など堅実路線へ転換する。日本市場での圧倒的なシェアを武器に快進撃を続けてきたZOZOは、どこへ向かおうとしているのか。(この記事はWWDジャパン vol.2083からの抜粋です) 本文:2,609文字 写真:4枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

最終更新:5/15(水) 13:58
WWD JAPAN.com

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る