ここから本文です

久保建英よりチームに貢献?  指揮官も認める「走り屋」永井謙佑

5/15(水) 7:17配信

webスポルティーバ

記録会が開催されたことはないので、正確なことはわからないが、永井謙佑(FC東京)はJリーグで最も足が速い選手のひとりだろう。その場を圧倒する韋駄天ぶりに、スタンドの観衆は最低でも1試合に3、4度は驚嘆の唸り声を上げることになる。

久保建英が見せた加速度的成長。「彼だから出せるパスがある」

 するとそのつど、ゴール裏に陣取るFC東京のサポーター席からは、条件反射的に大昔の人気アニメ『マッハGoGoGo』の替え歌が湧き起こる。

「永井Go Go、永井Go Go、永井Go Go Go!」

 FC東京の攻勢が明らかになる瞬間だ。しかし、それが落胆に変わることもよくある話で、スピードスターはその直後、しばしばミスを犯す。トラップミスやパスミスをあっさりとしでかす。技術的には、J1リーグ全選手のなかでも、後ろから数えて何番目かに位置する選手なのだ。足の速い選手には、技術的に難があるケースが少なくない。永井はその最たる選手と言っていいだろう。

 現在30歳。一般的にスピードは年齢とともに衰えるものだ。それを技術や経験で補おうとする。ところが永井は依然として猪突猛進だ。スピード一本槍。ベテランらしくないのである。

 FC東京では、ディエゴ・オリベイラとともに2トップの一角を形成するが、その脇で右サイドハーフとしてプレーする13歳年下の久保建英(17歳)の方が、はるかに大人びた、あたかも経験豊かであるようなプレーをする。

 久保と永井。この対照的な2人のデコボコな関係はなかなか興味深い。主役は久保で永井は脇役だ。スピードはともかく技術的には、久保を優等生とするならば、永井は劣等生。大袈裟に言えば、大人と子供ほどの差がある。

「もう少しうまくボールを処理してほしいと思うんですが、謙佑ですからね。それは無理というものです(笑)」とは、1-0で勝利したジュビロ磐田戦(5月12日)後のFC東京・長谷川健太監督の言葉だが、最初からその点についてはあきらめているフシがある。

 しかし、それぞれを戦力としてとらえるとどうなのか、チームに対する貢献度はどうなのか。そんな視点で眺めると、一概に「久保です」とは言えなくなる。

1/3ページ

最終更新:5/15(水) 7:17
webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
4月4日(木)発売

定価 本体1,800円+税

フィギュア特集『羽生結弦は超えていく』
■羽生結弦 世界選手権レポート
■羽生結弦 グランプリシリーズプレーバック
■宇野昌磨、髙橋大輔、紀平梨花、坂本花織ほか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事