ここから本文です

共働き子育てしやすい企業2019 上位3社発表

5/15(水) 12:00配信

日経DUAL

日経DUALでは「待ったなしの少子化問題」と、内閣府も推進する「ワーク・ライフ・バランスを保ちながら生産性高く働くための働き方改革」という2つの視点で優秀な企業を応援する取り組みとして、第3回となる「共働き子育てしやすい企業グランプリ」調査を実施しました。5月17日(金)に東京ミッドタウン(東京都港区)にて開催される表彰式では、トップ3社の担当者をお招きして、シンポジウムも行います。参加費は無料です。ぜひご参加ください!

【関連画像】上位3社を発表!

【共働き子育てしやすい企業ランキング特集】

(1) 共働き子育てしやすい企業2019 上位3社発表 ←今回はココ!

(2) 続いて上位22社を発表! 全質問項目紹介

(3) 第1位に輝いた企業の施策紹介

(4) 第2位に輝いた企業の施策紹介

(5) 第3位に輝いた企業の施策紹介

(6) 5月17日「共働き子育てしやすい企業グランプリ2019」表彰式ルポ

●「共働き子育てしやすい」施策は整った、その次は浸透とブラッシュアップ

 「働き方改革関連法」が4月に施行されて1カ月余り。時間外労働の上限が原則月45時間、年360時間と定められ、年次有給休暇も年5日取得することなどが企業に義務付けられるようになりました。その施行に向けて、この数年の間に多くの企業が業務効率化のためのリモートワーク制度や会議削減など、次々と新しい施策を打ち出しています。働き方改革の浸透に伴って、共働き子育てしやすい環境はどんどん整備されています。

 若い世代が就職先の企業選びに向けた視点も変わりつつあります。就職活動中の大学生に話を聞くと、OB訪問や企業分析の際には、その企業が「くるみん認定」など子育てをサポートする企業として認められているか、男性育休取得率はどれくらいなのかを、男子学生であってもチェックしているといいます。

 今や、人材育成、その前段階の人材確保の点からも、「共働き子育てしやすい環境づくり」は企業の標準仕様であるべきなのです。今後はさらにそれらをブラッシュアップし、社会全体で底上げをしていく段階であるといえるかもしれません。

 次のページで発表する3社は、特に優秀だった企業です。3ページからは選定方法と評価ポイントについて紹介します。

●「共働き子育てしやすい企業グランプリ2019」表彰式&シンポジウム詳細

 5/17(金)16:00~17:00(受付開始15:30)

入場無料/東京ミッドタウン(六本木)カンファレンス4階 ROOM1~ROOM4

ぜひお越しください!

●入場無料お申し込み

https://ers.nikkeibp.co.jp/user/2019x0517xwoman

1/3ページ

最終更新:5/15(水) 12:00
日経DUAL

記事提供社からのご案内(外部サイト)

日経DUAL

日経BP社

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト
小島慶子さん、岸谷香さんなど著名人コラム
保育園検索や共働き夫婦のノウハウも提供
大好評!共感マンガ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事