ここから本文です

新浦壽夫 紆余曲折の野球人生――カムバック賞左腕の哲学とは?/プロ野球1980年代の名選手

5/16(木) 16:01配信

週刊ベースボールONLINE

1980年代。巨人戦テレビ中継が歴代最高を叩き出し、ライバルの阪神はフィーバーに沸き、一方のパ・リーグも西武を中心に新たな時代へと突入しつつあった。時代も昭和から平成へ。激動の時代でもあったが、底抜けに明るい時代でもあった。そんな華やかな10年間に活躍した名選手たちを振り返っていく。

長嶋茂雄から言われ韓国へ

 巨人で長嶋茂雄監督の初優勝、連覇に貢献した左腕が1987年に帰ってきた。ただ、復帰の舞台は巨人ではなく大洋。韓国球界からの復帰だった。大洋は、広島で黄金時代を築いた古葉竹識監督の就任1年目。低迷が続く大洋のファンは、巨人時代の栄光を知る左腕に希望を託していく。ただ、その投球は、かつての荒々しい快速球で押すものではなく、技巧派のものへと様相が変わっていた。巨人時代の80年にヒジ、肩と相次ぐ故障で急失速。韓国で自分の好きなように投げることができたことで、肩に負担がかからないフォームと、多彩な変化球を習得。だが、

「球種は増えましたが、やっぱり基本はストレートですよ。一番はアウトローで、それを生かすためにインサイドのボール球や外のカーブ、さらにスクリューやチェンジアップといった、緩い球も使っていった」

 という。そして復帰1年目から先発に定着して2ケタ11勝。カムバック賞も贈られた。

「韓国で(85年に)25勝していた投手に、何がカムバック賞だよ、とは思いましたが、もらえるもんだから黙っておこうと(笑)。僕は巨人に対してなんて何も思っていないのに、みんな遺恨試合とか盛り上がっていましたね」

 確かに、巨人を追われるように去っていったようにも見えた。韓国籍だったためドラフト規定にかからず、69年に巨人へ。3年目の71年から一軍でも経験を積み、長嶋監督1年目、巨人が初めて最下位に終わった75年に2勝11敗でバッシングを受けたが、翌76年に11勝5セーブと活躍して、一転、優勝の立役者と騒がれる。翌76年にも11勝を挙げ、防御率2.32で最優秀防御率に輝き、連覇に貢献した。巨人は優勝を逃したが、78年は15勝15セーブ防御率2.81で2年連続の最優秀防御率、翌79年も15勝を挙げた。だが、長嶋監督は80年オフに退任、翌81年に藤田元司監督が就任したが、

「そのときは、もう窓際ですよ」

 と振り返る。そして84年に韓国の三星へ。

「長嶋さんに言われたんです。話あるからメシ食おうってことで、移籍の話でもあるのかなと思ったら『お前、韓国に行って、巨人軍の野球を教えてやってくれ』って。驚きましたが、韓国でやっていく中で、自分の中で手ごたえをつかみつつあった投球フォーム、投球技術を作ってしまえば、これから教えていけるだろうと、そんな感じでしたね」

1/2ページ

最終更新:5/16(木) 17:13
週刊ベースボールONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事