ここから本文です

京大の規制に「人間タテカン」で抗議 「表現の自由は撤去できない」

5/16(木) 11:18配信

週刊金曜日

 京都大学(京都市左京区)が本部キャンパス周辺での立て看板(タテカン)設置を規制してから1年になるのを前に、市民や学生約50人が4月15日、正門前で「人間タテカン」の列を作って復活を求めた。「ならば自分たちが『タテカン』に」と、訴えを札にして掲げたのだ。

 企画したのは「WE ARE タテカン実行委員会」。京大教育学研究科の大学院生で、「立て看文化を愛する市民の会」メンバーでもある西郷南海子さん(31歳)らが中心となって「現状打開へ今一度、問題提起を」と、市民や京大生・京大教員に呼びかけた。

 この日の午後、参加者はそれぞれ一人ひとりが持つ札で「表現の自由は撤去できない」と「人間の鎖」を作った。マイクを握った市民は「タテカンは街の景観だった」「学生たちの活動の息遣いを表していた」と規制を批判。京大生の一人は「新入生はタテカンのことをもう知らない。復活へ応援を」と呼びかけた。本来ならばこの時期はサークル勧誘などのタテカンが最も多く並んでいたはずだ。

 京大は昨年5月、キャンパス外壁へのタテカンの設置が、景観に関する京都市の条例に反するとして設置を禁止。これに抗う学生らが批判的な工夫を凝らしたタテカンを設置し、その度に撤去が繰り返された。多くのグループの見直し申し入れも無視されてきた。

 今年2月までに、計276枚のタテカンが撤去されたという。

 西郷さんは「タテカンがずらりと並んだ石垣を見れば、京大でいろいろな活動が行なわれていることが一目瞭然。タテカンはとにかくごちゃごちゃしていて、価値観も一枚一枚ばらばら。そんな学生のエネルギーが大学の外へと放たれ、その前を歩く人々とを結びつけてきた」と、タテカンのある光景について話す。

(土岐直彦・ジャーナリスト、2019年4月26日号)

最終更新:5/16(木) 11:21
週刊金曜日

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊金曜日

株式会社 金曜日

5月24日号(1233号)
2019年5月24日発売

定価 580円(税込み)

■自衛隊の南西諸島配備の危険性
●中国脅威論はウソ!
●「南西シフト」三つのポイント
●「保管庫」が実は弾薬庫

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事