ここから本文です

手塚理美さん「60 歳を目標に3年かけてグレーヘアへの移行を決意」、現在は「ミルクティーヘア」に

5/16(木) 12:03配信

OurAge

40歳を過ぎる頃から、突然目立ちだす「白髪」。これにどう対応するのか?手塚理美さんは、グレーヘアへの移行期を遊び心のあるヘアカラーで楽しむことを選択した。

「白髪が目立ってきた 40 歳頃からずっと黒く染めていましたが、実は、昔からデザイナーの島田順子さんに憧れていて、ゆくゆくはあんなふうなグレーヘアにしたいと考えていました」

そして2018年1月、 60 歳を目標に3年かけてグレーヘアへの移行を決意。まず生えてきた白髪が目立たないよう髪をベリーショートにして、全体を明るいミルクティー色に。ポイントは毛束を細かく拾い、ところどころにハイライト(メッシュ)を入れ、髪の縦ラインに色の筋を作ること。

白髪染めをしていて気になるのは、白髪が生えてきたとき、白と黒が横ラインにくっきり境目がつくこと。縦ラインで色の濃淡をつけることで、生えはじめの白髪が馴染んで、目立たなくなるのだ。

「以前に施していた白髪染めがどう反応するか、どんな発色になるのか?やってみないとわからない部分も多く美容師さんと相談しながら、実験気分でいろんな色を楽しんでいます」

こうして美容室で4回のメンテナンスを経て、約1年が過ぎ、3カ月ぶりに美容室に来た手塚さんはいい感じのグレーヘアに!

「もう染めなくても違和感がないのですが、 60 歳までは色で遊ぼうかと思い、今回は少しラベンダー色を入れてみました。このヘアにしてから、以前は着なかった、きれいな色の服が似合うようになり、ファッションの幅も広がりました。家族をはじめ、まわりの反応もよく、 60 歳までもう少し今のスタイルを楽しむつもりです」

◆手塚理美さん 
1961年生まれ。女優。「ハイカラさん」での主演、「ふぞろいの林檎たち」で一躍注目され、現在にいたるまでドラマや映画で活躍。近年では、バラエティ番組や旅番組などで飾らない人柄が好評。

撮影/塩谷哲平(t.cube) ヘア&メイク/奥戸彩子  スタイリスト/新粥真 由美(office DUE) 取材・原文/山村浩子

最終更新:5/16(木) 12:03
OurAge

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事