ここから本文です

ライバルたちに対抗してスズキ初の400cc4気筒ユニットを搭載『SUZUKI GSX400F』(1981年)

5/16(木) 19:30配信

webオートバイ

待望の4気筒を引っさげて登場さらにはヨシムラとの共同開発も実現

このクラスのマルチ化の先駆となったホンダCB400FOURの生産が打ち切られておよそ2年。中型免許ライダー待望の4気筒マシン、カワサキZ400FXが79年4月に発売され、爆発的なヒットを呼ぶ。当時のスズキの主力400だった2バルブDOHCツインのGS400は、デビューから2年半を経過して販売台数も下降傾向にあり、1日も早い後継モデルの登場が待たれていた時代。Z400FXの大ヒットを見れば市場が4気筒マシンを望んでいることは明らかだったが、すでに開発が続けられて来た4バルブDOHCツインのGSX400Eがスタンバイしている状態であり、まずは2気筒マシンでZ400FXに挑むことになる。

結果、性能面ではZ400FXを大きく上回り、あのヨシムラをして「400は2気筒で充分」と言わしめるほどポテンシャルを発揮したが、セールス面では苦戦を強いられる。発売5ヵ月後にはヤマハからも4気筒マシンのXJ400が登場し、マーケットはもはや4気筒マシンなしには勝負にならない状態になってしまった。それから約1年。満を持してスズキ初の4気筒400ccマシン、GSX400Fがデビューする。エンジンは高性能の象徴とされていた4バルブDOHCヘッドの4気筒で、燃焼効率を高めるTSCCも採用。一体鍛造の6軸受けクランクシャフトなど、耐久レースで培われた技術も随所に採用されていた。

Z400FXがそうであったように、当時の4気筒400ccは免許制度の関係で容易には大型バイクに乗れなくなってしまった、中型免許ライダーの大型車志向を満たす意味合いが強く、このGSX400Fも大柄な車格に仕上げられていたが、ANDFやトリプルディスクブレーキなどの豪華装備を持ちながら、FXやXJより若干軽い、乾燥重量175kgに抑えられていた。81年12月。ホンダからCBX400Fが発売されて4メーカーの4気筒モデルが出揃うこととなり、400マルチ戦線はさらに激化。好調な売れ行きを示すCBXに対抗して、カワサキはFXからZ400GPにフルモデルチェンジを行ない、ヤマハも4本マフラーのXJ400DにYSP仕様を追加してテコ入れ。スズキはGSX400Fに大幅なモディファイを加えたGSX400FSインパルスを投入する。

カムプロフィールの変更やキャブレターの大径化、圧縮比アップといったモディファイが加えられ、ヨシムラとの共同開発によるサイクロンマフラーを装備したインパルスのエンジンは、CBXやGPと肩を並べる48PSまでパワーアップ。車体関係もジュラルミン鍛造セパレートハンドルやアルミスイングアーム、前席を大きくえぐったシングル風シートなどが採用され、出力特性、ハンドリングともにGSX400Fの兄弟車とは思えないほどスパルタンな味付けになった。

その後、バイクブーム、ロードレースブーム、レーサーレプリカブームが急激に盛り上がってゆく中で、いち早くエンジンの水冷化やアルミフレーム化を進めるなど、GSXシリーズはさらに大きな存在感を放っていくことになる。

webオートバイ編集部

最終更新:5/16(木) 19:30
webオートバイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事