ここから本文です

マクラーレン ファミリー初の、真のグランドツアラー「マクラーレンGT」新登場。ゴージャスの極み!

5/16(木) 12:16配信

Webモーターマガジン

新たな顧客層のために誕生したシリーズ

マクラーレン・オートモーティブは、今までにないニューモデル「マクラーレンGT」を発表した。日本での車両価格は未定だが現在注文を受付中で、デリバリーは2019年末からの予定だ。

【写真】コクピット、シートなどをもっと見る

マクラーレンにはスポーツシリーズ、スーパーシリーズ、およびアルティメットシリーズというファミリーがあるが、このマクラーレンGTは新たな顧客層のためのグランドツアラーだ。

ヨーロッパ大陸を横断できる伝統的なグランドツアラーの特性を持ちながらも、さらなる軽量化とスピード、そしてドライバーとクルマの一体感の向上と利便性を実現している。

すべてのマクラーレン車同様、カーボンファイバー構造が核となっている。車両重量は1530kg。エクステリアデザインの特徴としては、ノーズを水平にスライスして、車両の側面も見てみたいと思わせる、特徴的なフロントの「ハンマーヘッド・ライン」だ。リアにはボディと一体化した固定式のリアウイング、大きなディフューザー、存在感のあるエグゾーストパイプが備わる。

モノコックにはカーボンファイバー製のリアアッパー構造が組み込まれ、これにより重量は増えているがガラス張りのテールゲートの下に420Lのラゲッジスペースを生み出すことができた。

テールゲートは電動開閉式で、ゴルフバッグか185cmのスキー板2セットとブーツ、そして手荷物を楽々と積載可能だ。さらにフロントにも150Lのラゲッジスペースを備えている。

パワーユニットは新開発の4.0L V8ツインターボで、最高出力620psと最大トルク630Nmを発生。3000~7250rpmで、最大トルクの95%を得ることができる。0→100km/h加速は3.2秒、0→200km/h加速は9.0秒、最高速は326km/hという、そのパフォーマンスはスーパーカーそのものだ。

様々な点で一般路での扱いやすさに考慮

アルミニウム製のダブルウイッシュボーン式サスペンションは、油圧式ダンパーとの組み合わせで、新しいプロアクティブ・ダンピング・コントロール・サスペンションが驚くべきレベルの快適さをもたらす。

さらに油圧式ステアリング・システムとの組み合わせが、高い評価を得ているマクラーレンならではのドライビングダイナミクスを実現している。

低速でのブレーキングおよびステアリングは、日常での利用性を考慮して最適化されている。全長は約4.7mとマクラーレン車のどのモデルよりも長いが、街中の公道での使いやすさを考慮して、フロントのアプローチアングルは10度、ロードクリアランスは110mmに設定された。さらに、車両リフトシステムを作動すれば13度と130mmにアップし、大半のセダン並みとなる。

10クワッドコア・チップを採用したインフォテインメントシステムも新開発された。コクピット中央の7インチ タッチスクリーンで、GPSナビ、ブルートゥースでの電話通話、メディア ストリーミング、音声操作などが可能だ。

ドライバー前方のメーターパネルは12.3インチのTFTスクリーンで、ディスプレイは航空機で使用されているもののように簡潔明瞭で読み取りやすい。

グランドツアラーの名にふさわしく、洗練された快適さがマクラーレン GTの優先事項だ。エンジンマウントは、サーキット走行専用の600LTの半分の剛性で、カーボンファイバー構造内のノイズが最小化され、構造そのものから発せられる低周波音も抑制され、マクラーレン史上もっとも洗練度の高いマシンとなっている。

超軽量グランドツアラー、マクラーレン GTは全世界のマクラーレン正規販売店を通じて現在注文を受け付け中で、カスタマーへのデリバリーは2019年末からの予定だ。なお、日本仕様の車両価格は現時点では未定だ。

マクラーレンGT 主要諸元

・全長×全幅×全高:4683×2045×1213mm(ミラー収納時)
・ホイールベース:2675mm
・車両重量:1530kg(DIN、オイル類+ガソリン90%)
・エンジン種類:V8DOHCツインターボ
・排気量:3994cc
・最高出力:456kW(620ps)/7500rpm
・最大トルク:630Nm/5500-6500rpm
・トランスミッション:7速DCT
・タイヤ:前225/35R20、後295/30R21
・駆動方式:縦置きミッドシップRWD
・車両価格(税別):未定

Webモーターマガジン

最終更新:5/16(木) 12:16
Webモーターマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事