ここから本文です

韓国在住・日本人ライターがおすすめするソウルの独立系書店3軒

5/16(木) 22:10配信

ライフハッカー[日本版]

『韓国カフェ巡り in ソウル』(東山サリー著、ワニブックス)の著者は、2016年から韓国にどっぷりハマってしまったという人物。

【記事の全画像】韓国在住・日本人ライターがおすすめするソウルの独立系書店3軒

それどころか、2018年には勤めていた日本の出版社を辞め、フリーランスの韓国在住ライター・コーディネーターになったというのですから驚きです。

とりわけ魅了されたのは、日本とは異なる、商業感のないセンスあふれるカフェ。

そこで、ソウルはもちろん釜山(プサン)、大邱(テグ)、済州(チェジュ)、全州(チョンジュ)など地方にまで足を運び、延べ400軒を超えるカフェへ行ったのだそうです。

2ヶ月に1度は韓国に行けるよう、日本での生活を切り詰め、感覚では1日に8~10軒ほどのカフェを巡ることも。

本書には、私が巡ったカフェとその周りにある美味しいレストラン、書店などを含め、厳選した100軒をご紹介しています。(「プロローグ」より)

ところで韓国、とくにソウルといえば、独立系の個人書店が盛り上がりを見せていることで知られています。

そこできょうは本書のなかから、それぞれ個性的な3軒の書店をご紹介したいと思います。

STILL BOOKS

「A Bookshop for Inspiration」(インスピレーションを受けるための書店)というコンセプトを持つ、物語性のある空間がポイント。

デザイン書や洋書、実用書、文学など多彩なジャンルの本を取り扱っており、近年注目を集めているという韓国の1テーマ雑誌「B」も全巻揃っているのだとか。

種類や冊数こそ大型書店には及ばないものの、レアな掘り出し物も少なくないそうです。

ちなみに1階から上階に向かってストーリーがつながっていて、最上階のバーレストランカフェの名前が「THE LAST PAGE」。

そしてレストランのメニューには“FIN”と書かれているなど、隅々まで世界観が完璧に演出されているのだといいます。

「BOOK CLUB NIGHT」というイベントが開催されることも。本を軸として、多様な展開がなされているわけです。

STILL BOOKS

住所 ソウル特別市龍山区大使館路35
電話番号 +82-2-749-5005
営業時間 12:00-21:30
定休日 月曜
Instagram

(22~23ページより)

1/2ページ

最終更新:5/16(木) 22:10
ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事