ここから本文です

ラミ・マレック、新作映画でデンゼル・ワシントンと共演へ。

5/16(木) 21:02配信

VOGUE JAPAN

ラミ・マレックが、新作『Little Things(原題)』でデンゼル・ワシントンと共演するようだ。『しあわせの隠れ場所』などで知られるジョン・リー・ハンコックが脚本を執筆した新作に向け、本年度のアカデミー賞主演男優賞を受賞したラミが出演交渉中だという。

ラミ・マレックの写真をもっと見る。

本作はデンゼル演じるカーン郡の保安官が、ラミがオファーされているというロサンゼルス郡の保安官とともに連続殺人犯の逮捕に向けて捜査するストーリーになっている。デンゼルの役どころが「小さなこと」に目を向ける捜査手段を取ることから、『Little Things(リトル・シングス)』という原題が付けられているようだ。

撮影は、ラミが悪役を演じる「007」シリーズ第25弾の撮影が終了する今秋にもスタートすると見られている。現在キャリー・フクナガ監督のもと、ジャマイカで撮影中の「007」シリーズ最新作だが、プロデューサーのバーバラ・ブロッコリはいまだにタイトルを決めかねているようだ。

Bangshowbiz

最終更新:5/16(木) 21:02
VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2019年7月号
2019年5月28日発売

800円(税込み)

「選択」する美容・新時代を徹底特集。山口智子、長谷川潤など美の秘密に迫る。大坂なおみのインタビューを収録。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事