ここから本文です

MTVムービー・アンド・TVアワードのノミネートが発表!

5/16(木) 21:50配信

VOGUE JAPAN

6月17日(現地時間)に授賞式が開催されるMTVムービー・アンド・TVアワードのノミネートが発表された。今年は『アベンジャーズ/エンドゲーム』をはじめ、『シャザム!』『ブラック・クランズマン』『キャプテン・マーベル』が4部門でノミネートを果たした。映画部門の最優秀作品賞には『アベンジャーズ/エンドゲーム』のほか、『スパイダーマン:スパイダーバース』『好きだった君へのラブレター』『アス』『ブラック・クランズマン』が候補に選出された。

また最優秀ヒーロー賞は、アイアンマン役でお馴染みのロバート・ダウニー・Jrやキャプテン・マーベル役のブリー・ラーソン、シャザム役のザッカリー・リーヴァイといったスーパーヒーローのほか、「ゲーム・オブ・スローンズ」のメイジー・ウィリアムズ、『ブラック・クランズマン』のジョン・デヴィッド・ワシントンらがノミネートされている。

一方で最優秀悪役賞の候補には、「キリング・イヴ/Killing Eve」のジョディ・カマーや「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」のジョセフ・ファインズ、『アベンジャーズ/エンドゲーム』のジョシュ・ブローリン、『アス』のルピタ・ニョンゴ、「YOU ー君がすべてー」のペン・バッジリーなどが名を連ねている。

さらに映画部門の最優秀演技賞では、『バード・ボックス』サンドラ・ブロックや『アリー/ スター誕生』のレディー・ガガ、『アス』のルピタ・ニョンゴ、『ヘイト・ユー・ギブ』のアマンドラ・ステンバーグ、『ボヘミアン・ラプソディ』のラミ・マレックらが凌ぎを削ることになる。

ファイナルシーズンを迎えた「ゲーム・オブ・スローンズ」は、TV部門の最優秀作品賞や最優秀バトル賞など今年の賞レースでも期待されている。そんな注目の今年度では、新たに最優秀リアルライフ・ヒーロー賞や最優秀ミーム・モーメント賞、リアリティー・ロイヤルティー賞が創設されている。

Bangshowbiz

最終更新:5/16(木) 21:50
VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2019年6月号
2019年4月26日発売

800円(税込み)

表紙にナオミ・キャンベルが登場!多様な「美しさ」が注目される今、自分を持って「自分を愛する」方法を徹底特集。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事