ここから本文です

ユダヤ商法に〝あいまいさ〟は厳禁。だからいつでもどこでもメモをとる。

5/16(木) 18:12配信

BEST TIMES

ビジネスの基本である「メモ」が再注目されている。若手起業家のメモをテーマにした書籍もベストセラーとなっている。そして遡ること1972年初版の『ユダヤの商法』にも、ユダヤ人の尋常ならざるメモの習慣が紹介されていた。新装版として復刊した同書より紹介する。

この記事の写真はこちら

■いつでもどこでもタバコの空き箱にメモを取る

  ユダヤ人は、重要なことは、どんな場所ででも、必ずメモを取る。このメモが、彼らの判断の正確さにどれほど役立っているか分からない。

 メモを取る、といっても、ユダヤ人はいつもメモ帳を片手に歩いているのではない。ユダヤ人のメモ帳はタバコの空き箱を代用したものである。ユダヤ人は、タバコを買うと、中身はすぐにシガレットケースに移()しかえるが、空き箱は捨てずにポケットへ入れておく。たまたま、商談などで、記録が必要になった時は、この空き箱を取り出して、その裏側にメモを取る。このメモは、あとでメモ帳に整理して記録される。タバコの空箱にメモを取ることで、ユダヤ人はユダヤ商法に〝あいまいさ〟が生じることを許さないのだ。迅速に的確に判断を下しても、肝心の日時、金額、納期などがあいまいであっては、なんにもならないからだ。

 日本人は、重要なことを聞き流し、うろ覚えのままですましてしまう悪()癖()がある。

「あの時の話では、納期は確か○月○日だったでしょう。それとも×日でしたかな」

 そう言って平然としている。時には、わざとあいまいさをおトボケに利用する。しかし、相手がユダヤ人では通用しない。

「あ、思い違いでした。△日でしたね。私はてっきり○日だと思っていたものですから」

 などと弁解してもすでに手遅()れ。契約破()棄()、債務不履行にかかわる損害賠償請求──といった方向へ事態が進展しないとも限らない。

 ユダヤ商法には、あいまいさはないし、思い違いもないのである。ちょっとしたことでも、面倒がらずにメモを取るべきである。

〈『ユダヤの商法』より構成〉

文/藤田 田

最終更新:5/16(木) 18:12
BEST TIMES

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事