ここから本文です

マック・デマルコのアーティスト哲学「華やかな成功よりも穏やかな気持ちにさせてくれるものを」

5/16(木) 12:15配信

Rolling Stone Japan

カナダ出身のアーティスト、マック・デマルコが先日リリースした最新アルバム『Here Comes The Cowboy』。本作に描かれた<西部劇のイメージ>というファンタジーに迫る。

マック・デマルコがロサンゼルスの自宅のソファに寝そべってビデオゲームに興じていると、彼の携帯電話が鳴った。通話ボタンを押した彼は、相手に向かってこう言った。「よく知らねぇけど、とにかくロックンロールしようぜ!」

会話の冒頭において、彼は頻繁にその台詞を口にする。チル・フォークというべきレイドバックした音楽性、そして超現実的なユーモアのセンスによって、カナダ出身のシンガーソングライターは思いがけない成功を手にした。2014年の『サラダ・デイズ』でブレイクしたかつてのカルト・ヒーローは、今やSpotifyで数億という再生回数を誇るスーパースターへと転身した。しかもその音楽性は、現在のトレンドとは大きくかけ離れている(彼は60~70年代の日本の音楽、そしてザ・ビートルズを愛聴しているという)。

デマルコの4枚目のアルバム『Here Comes The Cowboy』は、かつてなく奇妙でメロウな内容となっている。昨年自宅のガレージでエレキギターを弾いていた時に偶然思いついたリフから生まれたという表題曲で、彼はまるで呪文のようにこう繰り返す。「カウボーイがやってきた……」

「混乱気味で、疲労困憊だった」。現在29歳のデマルコはそう語る。「奇妙だけど、そういう状況でハイになってたんだ」

彼は当時、2017年作『ディス・オールド・ドッグ』の長期にわたるバンド編成のツアーと、その後のソロツアーの間に設けられた短い休暇を消化していた。キャリア初期からの習慣に沿って、ほぼ独りで夜遅くまで作業し続ける日々を過ごしたという今年1月に、彼は新作のその他の曲群を書き上げた。「ほぼ1年中ツアーに出ずっぱりで、自分の時間がほとんど持てない状況だった」。彼はそう話す。「そのうち腎臓がイカれちゃうよって彼女に言われたよ。意味はよく分かんなかったけど、とにかくキツかった」

作曲活動について、彼はこう話す。「曲を書いてる時が一番落ち着くんだ。そうやって書いた曲を他人に聴かせることで、日々が騒々しくなってくわけだけどさ。皮肉なもんだよ」

1/3ページ

最終更新:5/16(木) 12:15
Rolling Stone Japan

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Rolling Stone Japan vol.06

CCCミュージックラボ

vol.06
2019年3月25日発売

1000円(税抜)

特集:HYDE
ヒプノシスマイク
モーニング娘。’19 ライブの舞台裏
特集「今のポップシーン」の主役たち

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事