ここから本文です

アポロ11号月面着陸から50年、アメリカが再び月を目指す理由

5/16(木) 11:00配信

現代ビジネス

なぜ再び月なのか? なぜ5年以内なのか?

 今年2019年は、アポロ11号の月面着陸から50年を迎える。

 1969年7月24日、ニール・アームストロング船長は、人類で初めて月に足を下ろした「ザ・ファースト・マン(最初の人類/男性)」となった。

 この人類の偉業にあやかるかのように、2019年3月26日、マイク・ペンス副大統領は、自国の設備でアメリカは5年以内に是が非でも再び月に人を送りこむと宣言した。

 その際には、女性のクルーも乗せ、人類初の月面を歩む「ザ・ファースト・ウーマン(最初の女性)」の誕生の可能性も匂わせている。

 それにしても、なぜ再び月なのか。そして5年以内なのか? さらにいえば、なぜ公表者はペンスなのか? ――これらの問いを考えることは、今のアメリカで宇宙開発が置かれた状況を理解する上で、格好の切り口となる。

 今回の宣言はNASA(アメリカ航空宇宙局)の計画を5年繰り上げるものだ。

 もともとNASAの計画では、有人の月面着陸の実施は2028年を予定していた。2026年までに、まずは月面着陸の拠点として、月を周回する「ゲートウェイ」という宇宙ステーションを設置することから着手するはずだった。

 だが、当然、この計画のままではペンス副大統領の要請に応えることはできない。NASAの計画も再検討が必要になる。

トランプ大統領の政治的思惑

 ところで、今から「5年以内」といえば、「2023年以内」ということであり、2024年の冒頭には、今回発表した計画の成否ははっきりしている。

 いうまでもなく、トランプ大統領からすれば、2020年大統領選で再選されることを見越した上でのデッドラインだ。

 首尾よく2023年中にアメリカの宇宙飛行士が再び月面に降り立つことができれば、その成果は、2024年1月に行われる最後の一般教書演説で、自らの政権の業績を称えるための最高の材料となる。

 一方、今回の計画を公表したペンス副大統領にしてみれば、来年の大統領選でトランプ大統領が再選されるかいなかにかかわらず、自分自身が2024年の大統領選における共和党の最有力候補者であるという自負があることだろう。

 となると、自ら公表した「新たな月面着陸」の達成は、予備選を含め大統領選を戦う上で追い風となることは間違いない。

 このように、NASAの予定を前倒しにしてまで月面着陸を実現させようとするのは、多分に政治的思惑から発したものと受け止めるべきだろう。

1/7ページ

最終更新:5/16(木) 11:00
現代ビジネス

記事提供社からのご案内(外部サイト)

「現代ビジネスプレミアム」

講談社『現代ビジネス』

月額1000円(税抜)

現代ビジネスプレミアムは「現代ビジネス」の有料会員サービスです。2万本以上の有料記事が読み放題!会員だけの特別記事も配信。豪華ゲストによるセミナーも開催中。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事