ここから本文です

「元SDN48」の彼女が失意の先に見つけた居場所

5/16(木) 16:00配信

東洋経済オンライン

メディア出演、ライブ、握手会――。
華やかな舞台に立ち、世間からの注目を浴びるアイドル。それに憧れる女性は少なくない。ただ、決して広くはない門をくぐり、夢をかなえてアイドルとなっても、一生を通じて芸能界に生き残れるほど大成功するのは、ほんの一握り。大半がほどなく表舞台から姿を消す。
そんな彼女たちは「アイドルを終えたその後の人生」で、いかにして一般社会に戻り、別の職業に就き、どのような悩みとともに生き、どんな恋をしているのだろうか。彼女たちのさまざまなセカンドキャリアを追った『アイドル、やめました。AKB48のセカンドキャリア』の著者で元アイドルの大木亜希子さんが自身の体験をつづる。

■SDN48として紅白歌合戦に出場

 2011年12月31日。22時30分。

 私は、さっきまで自分が出演していた『NHK紅白歌合戦』の続きを観ていた。埼玉県の実家で、年越しそばを食べながら、ジャージ姿でダラダラとしながら。

 その年、日本レコード大賞を受賞したAKB48の『フライングゲット』という曲がある。その曲を含む紅白特別メドレーの終盤から、私が所属していたSDN48はステージ裏から登場し、AKB48と合流して踊った。

 紅組5番目の出演で、SKE48、NMB48といったほかの姉妹グループも含め総勢210人で歌って踊る光景は、われながら圧巻だったと思う。

 パフォーマンスの途中、私は緊張がピークに達して簡単な歌詞が飛んだ。だが、マイクを持たない「口ずさみ要員」であったためバレなかった。

 出番後は、ほかのアーティストの迷惑にならぬよう、機材を運ぶための“巨大業務用エレベーター”に速やかに乗り込む。

 なにしろ48グループは、200人を超える大所帯だから、特別な移動手段が必要なわけである。

 廊下では、当時流行した曲『マル・マル・モリ・モリ!』のステージに登場したばかりの芦田愛菜ちゃんが、大人に大切そうにされながら通過した。そして、北島三郎さんがスタッフの方々と小走りに去った。あまりにも芸能界が凝縮されていて目眩いがしたが、私は脇目も振らず団体行動に集中する。

 そして無事にNHKホールの出入口に到着し、ロケバスに乗った。そこでようやく皆、浮足立ったり、過呼吸気味になったり、興奮した症状が出始めた。

1/6ページ

最終更新:5/16(木) 16:00
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事