ここから本文です

アーセナルFWがバルサ加入!? 公式サイトにプロフィール掲載と騒がれるも…

5/16(木) 18:02配信

フットボールチャンネル

 アーセナルのフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットのプロフィールがバルセロナの公式サイトに掲載されたとして、移籍が確実になったのではないかと騒がれたが、実際には単なる技術的ミスだったようだ。英メディア『BBC』などが伝えている。

【写真特集】世界最高の選手は誰だ! プレイヤー能力値ランキング(1位~50位)

 2017年にリヨンからアーセナルに加入したラカゼットは、2年目の今季は公式戦19得点13アシストを記録し、チームのヨーロッパリーグ決勝進出などに貢献。バルサが獲得に関心を持っているとも噂され続けている。

 そういった状況の中、バルサの公式ウェブサイトにラカゼットのプロフィールが掲載されているとしてSNS上のファンの間で大きな騒ぎとなった。現所属選手のプロフィールページのURLに手を加えることで、ラカゼットの名前や生年月日などのデータが表示されたようだ。

 獲得が内定した選手のプロフィールページがすでに作成されたのではないか、という憶測が生じたのは当然だろう。だがその後、さらにURLを変更することで、かつてアーセナルでGKとしてプレーしたデイビッド・シーマン氏なども含めた多くの人物のデータが表示されることが明らかとなった。

 おそらくは、データベースにはバルサが過去に対戦したチームの選手たちも含まれており、それが意図しない形で閲覧できる状態となっていた模様。少なくともこの一件自体は、ラカゼットのバルサ移籍を示唆するものではなかったようだ。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:5/16(木) 18:02
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事