ここから本文です

坂本勇人「野球って進化している。だから毎年、こっちも進化していかないとついていけない」――野球の言葉学【全文公開】

5/16(木) 11:00配信 有料

文春オンライン

昨季、2番での出場は1試合のみ

 元シアトル・マリナーズのイチロー外野手に元ニューヨーク・ヤンキースの松井秀喜外野手、現役ではロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手と右投げ左打ちの好打者は多い。背景には野球は左打席の方が一塁に近く、どうしても右より左の方が有利という現実がある。そこで野球を始めた直後に左打ちに挑戦する子供が多いからだ。

 ところがそんな球界の“常識”とは真逆のアプローチで、頂点に登りつめようとしている選手がいる。 本文:1,346文字 写真:2枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

鷲田 康/週刊文春 2019年5月23日号

最終更新:5/16(木) 11:00
記事提供期間:2019/5/16(木)~2020/1/11(土)
文春オンライン

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る