ここから本文です

2歳からゆるくスタート。電車やバスに乗る時のマナーの教え方

5/17(金) 16:10配信

たまひよONLINE

子連れで電車やバスに乗る時「子どもが騒いだりぐずったりしたらどうしよう…」と、つい心配してしまいますよね。赤ちゃんならまだしも、言葉で少しずつコミュニケーションがとれる2歳くらいから、乗り物に乗る時のマナーを少しずつ教えていきたいもの。電車やバスに乗る時のマナーの教え方を子育てアドバイザーの長島ともこさんに教えていただきました。

【関連記事】スタバさん、「私たち、子連れでカフェに行ってもいいですか」

長島ともこ
フリーエディター、ライター。育児、妊娠&出産の分野を中心に書籍、雑誌、WEBの編集、執筆に携わる。著書『PTA広報誌づくりがウソのように楽しくラクになる本』がある。認定子育てアドバイザー、All About「子育て・PTA情報」ガイド。2児の母。

子どもの年齢別! 電車やバスに乗る時のマナーの教え方

電車やバスに乗る時のマナーの教え方について、子どもの年齢別に見ていきましょう。

0~1歳の場合

抱っこ紐で抱っこしたり、ベビーカーにのせた赤ちゃんを連れたりして、電車やバスに乗る機会もあると思います。いつもと違う場所であることを察知して泣いたり、おなかがすいたり眠くなったりして、ぐずぐずすることもあるでしょう。

この時期の赤ちゃんは、泣くことで意思を伝えます。公共の場で泣かれると、周囲の目が気になりつい申し訳ない気持ちになってしまうママも多いと思いますが、赤ちゃんは、泣くのが当たり前です。いつもどおりのふるまいでOKだと思います。

混雑具合に応じて、
・アイコンタクトしながら「もう少しだよ~」などとあやす
・お気に入りの小さなオモチャ(がらがらなど)をもたせる
・赤ちゃん用のおやつを少し与える
などして対応しましょう。

公共の場で赤ちゃんに泣かれると、ママは気疲れしてしまうこともありますよね。
電車やバスに乗る時は、
・予定より早めに行動し、赤ちゃんの様子によっては途中下車する
・混雑する時間帯はなるべく避けるようにする
などの対策を考えましょう。

電車やバスに乗った時、周りに上記のようなママがいたら、泣いている赤ちゃんにほほえみかけたり、ママに「今何ヶ月ですか?」と話しかけたりして、ママの心を軽くさせてあげたいですね。

1/3ページ

最終更新:5/17(金) 16:10
たまひよONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

たまごクラブ

株式会社ベネッセコーポレーション

毎月15日発売

妊娠・出産に戸惑うママたちの気がかりを解消し、毎月の妊娠生活を強力サポート。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事