ここから本文です

演技力もスタイルも圧倒的!ケイト・ブランシェットのレッドカーペットルック集

5/17(金) 18:22配信

ハーパーズ バザー・オンライン

5月14日に50歳となった、女優ケイト・ブランシェット。圧倒的な演技力で常に私たちを魅了してくれているケイトは、すでに2度のオスカー受賞歴を誇るショーレースの常連。さらに身長174cmというスタイル抜群のボディは、いつもレッドカーペットで注目の的。そこであふれるアンドロジナスなケイトの魅力が詰まった、歴代レッドカーペットルックをお届け!

【写真】ケイト・ブランシェットの出演作TOP10

2018年 第71回カンヌ国際映画祭(1日目)

第71回カンヌ国際映画祭では、審査委員長を務めたケイト。連日披露してくれた、麗しいドレスルックも話題に。

ドレス/ジョルジオ アルマーニ プリヴェ

2014年 第67回カンヌ国際映画祭

この年は、貧しい生活へと落ちていくマンハッタンのソーシャライトの物語を描いた、ウディ・アレン監督による映画『ブルージャスミン』で主演を務め、アカデミー賞を筆頭に、ゴールデングローブ賞、SAGアワード、英国アカデミー賞など、数々の主演女優賞を総なめした。

ドレス/ジバンシィ
ジュエリー/ショパール

2007年 第79回アカデミー賞授賞式

ポップアーティスト、ボブ・ディランの半生を6人の俳優が演じた自伝映画『アイム・ノット・ゼア』で、ロックへと転身をとげた1965年ごろのディランを“ジュード”として演じたケイト。6人の中で唯一の女優という難しい役どころを務め注目を集め、ヴェネチア国際映画祭では女優賞を、ゴールデングローブ賞では助演女優賞を受賞。

ドレス/ジョルジオ アルマーニ プリヴェ

2004年 第61回ゴールデングローブ賞授賞式

実在の大富豪、実業家であるハワード・ヒューズの波乱に富んだ半生を描いた、マーティン・スコセッシ監督による映画『アビエイター』で、恋人のキャサリン・ヘプバーン役を演じ、英国アカデミー賞、SAGアワードで助演女優賞受賞。ちなみにこのときケイトは第2子を妊娠中。

1999年 第56回ゴールデングローブ賞授賞式

『エリザベス』(1998)のエリザベス1世役を見事に熱演し、ゴールデングローブ賞をはじめ、11のアワードで主演女優賞を獲得。本作が出世作となり、一躍トップスターの仲間入りを果たす。

写真:夫アンドリュー・アプトンとレッドカーペットに登場。

BY HARPER'S BAZAAR JP

最終更新:5/17(金) 18:22
ハーパーズ バザー・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2019年7月号
2019年5月20日発売

特別定価:700円(税込)

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事