ここから本文です

ジジ・ハディッド、バーバリーのキャンペーンに初起用。

5/17(金) 19:20配信

VOGUE JAPAN

ジジ・ハディッドが、バーバリー(BURBERRY)のキャンペーンに初起用された。「ザ・トーマス・バーバリー・モノグラム」と題されたコレクションで、ニック・ナイト撮影のもと、チーフ・クリエイティブ・オフィサーのリカルド・ティッシ、そしてジョイ・ディヴィジョンのアルバムのジャケットデザインなどで知られる英グラフィックデザイナーのピーター・サヴィルがコラボを果たした。

ジジ・ハディッドの写真をもっと見る。

今年2月に開催されたバーバリーの2019-20年秋冬コレクションのランウェイに初登場したジジは、声明で喜びを綴っている。

「常にリカルドの作品を愛し、尊敬してきました。だから彼が今回のプロジェクトで私を信じてくれたことは名誉と感謝に尽きます」「私の最初のバーバリーのショーがリカルドとの初仕事でした。タイミングは完璧だと感じました。お互いを本当に知ることのできる初めての機会でした。2回目となる今回の撮影で、私は自分が何に命を吹き込みたいのかを理解していましたし、それぞれのキャラクターを通して、それぞれ異なる自分を見せたいと考えていました」

リカルド曰く、同ブランド設立者トーマス・バーバリーのイニシャルTBを象ったロゴを全面的にフィーチャーした同コレクションは、バーバリーの精神や伝統への忠誠なのだという。「私がバーバリーに初めて就任した時、このブランドの豊かな歴史アーカイブを調査するのに多大な時間を費やしました」「すぐさまトーマス・バーバリーに大変興味を抱きました。創案者や革新者であるだけでなく男、夫、父でもあったのです。彼のイニシャルのイメージを見て、そのデザインがとても特別で、実際本当にモダンだと思いました。私はすぐにブランドの新しい記号へと応用したのです。このシンボルは、バーバリーの伝統を包含するだけではなく、とても現代的だと感じています」

同コレクションは、路面店及びオンラインショップで5月22日から発売予定だ。

Bangshowbiz

最終更新:5/17(金) 19:20
VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2019年7月号
2019年5月28日発売

800円(税込み)

「選択」する美容・新時代を徹底特集。山口智子、長谷川潤など美の秘密に迫る。大坂なおみのインタビューを収録。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事