ここから本文です

[スクープ!]ホンダ アフリカツインが排気量アップで2020年にビッグチェンジ!

5/17(金) 5:30配信

WEBヤングマシン

タイヤはチューブレスに

オフに有利なワイヤースポーク+チューブタイヤの現行型。新型はGS同様、クロススポークホイール+チューブレスとなる見込みだ。

この内容で「価格据え置き」と言って欲しい!

装備が一段とタフになるのも朗報だ。ステーで支持する新型パニアケースの導入に伴い、トラス形状のシートレールは新作に。現行のスチール製丸パイプからアルミ角パイプとなるらしい。

エンジン下部を守るスキッドプレートもより堅牢なデザインとし、アドベンチャースポーツのバンパーを補強入りとするなどガード類を新設計。また現行のチューブタイヤに対し、全車でクロススポーク+チューブレスを履く模様だ。

電子制御系に関しては、コーナリングライトの採用に伴い、IMU(慣性計測センサー)の導入は確実。ならば、旋回中でも有効なコーナリングABSも獲得なるか。また、採用が拡大しているクルーズコントロールをはじめ、フルカラー液晶、スマホとの連携機能も導入の可能性があるだろう。

さらに「シート高が下がる」との情報も。新型シートレールに伴うものか、サスの変更によるものか、詳細は不明。ただしアドベンチャースポーツの電サス化によって車高の自動調整機能が搭載される可能性はありそうだ。電サスはショーワ製となる予定だが、同社は停止時に車高を自動でダウンさせる新機構を発表済み。これが搭載されれば、腰高なアフリカツインを気軽に乗車でき、運動性能も確保できるため一石二鳥だ。

現在のトレンドを不足なく盛り込み、まさに正常進化する次期アフリカツイン。一方で気になるのは価格だ。現行型のSTDは138万円6720円~、アドベンチャースポーツは155万6280円~とライバルを上回るコストパフォーマンスが人気の一因。これだけの装備で「価格据え置き」に近ければ最高だが、豪華なアドベンチャースポーツスポーツはある程度高額化、STDはお手頃プライスのままだとありたがい。

本誌予想の発売時期は2019年11月。STDとアドベンチャースポーツスポーツとも同時に新型が投入されるとの噂だ。10月末の東京モーターショーで実物が拝める可能性は高い!

ライバルSPEC比較

現状のライバルをスペックで比較する。排気量を増したGSの牙城に迫りながら価格を維持したならば、これほど魅力的な話はない。

WEBヤングマシン編集部:ヨ

3/3ページ

最終更新:5/17(金) 5:30
WEBヤングマシン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ヤングマシン

内外出版社

2019年09月号
7月24日発売

定価880円(税込)

大特集:カテゴリー別 新車走評200車
新製品テスト NinjaH2SXSE+他
好評ヤンマシ写真部 顔面博覧会
別冊付録:ツーリングバッグ大図鑑

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事