ここから本文です

「ミスUSA 2019」栄冠に輝いたのは現役弁護士

5/17(金) 23:00配信

コスモポリタン

毎年春に開催され、全米50州とコロンビア特別区の代表51名が参加し「ミスUSA」を決めるコンテストが、5月2日(現地時間)にネバダ州で行われた。ミス・ユニバースの選考会も兼ねた「ミスUSA 2019」で見事優勝を果たしたのは、ノースカロライナ州代表のチェスリー・クリストさん(28歳)。黒人女性としては史上10人目の優勝者となった彼女は、なんと現役の弁護士。全米一に輝いた美女、チェスリーさんにフォーカスしてみましょう。

【写真】女性たちが歴史を大きく変えた瞬間50

史上初!黒人女性がアメリカ3大ミスコンを制覇

昨年9月に行われた「ミスアメリカ」で、オペラ歌手のニア・フランクリンさん(23歳)が優勝し、先月の「ミス・ティーンUSA」では、アフロヘアがかわいいケイリー・ガリスさん(18歳)が栄冠を手に。「ミスUSA」に輝いたチェスリーを含め、アメリカの3大ミスコン全てでアフリカ系の黒人女性がミスに選ばれるのは、史上初の快挙! 1920年代から始まったミスコンだが、近年では外見だけじゃなく、より内面を重視した選考に変わってきているのだとか。

ビューティークイーンは、現役の弁護士

ウェイク・フォレスト大学で、法学を学びMBAを取得し、サウスカロライナ大学を優秀な成績で卒業。そんな彼女は現在、法律事務所にアソシエイトとして働いていて、主に民事訴訟を担当し、アメリカの司法制度改革も目指しているんだとか。美しいだけじゃなく、聡明なチェスリーがすごい。

女性のエンパワーメントを高める活動も!

女性のためのワークウェアを紹介するライフスタイルブログ「White Collar Glam」を立ち上げたチェスリー。「素敵な服を着ると気分も上がるし、仕事のパフォーマンスもあがりますよね。良い服を着るだけで賢い人になれるわけではありませんが、お気に入りの服を着ることで自己イメージをアップさせる効果や、他の人があなたを素敵だと思う効果で、仕事の質が変わってくることはあると思います。ワークファッションについて書くこで、仕事で成功をおさめたい女性のサポートになればと思いました。」また彼女は、この他にも「Dress for Success organization」のボランティア活動に加え、「Big Brothers Big Sisters Central Carolinas」の取締役会のメンバーでもある。

1/2ページ

最終更新:5/17(金) 23:00
コスモポリタン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

コスモポリタン

ハースト婦人画報社

1886年にアメリカで創刊され、
世界中の女性に愛されるコスモポリタン。
日本ではオンラインに特化し、
恋愛、ビューティ、セレブ情報など発信中。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事