ここから本文です

サブスクへの移行、パブリッシャーが直面する技術面の悩み

5/17(金) 8:10配信

DIGIDAY[日本版]

パブリッシャーたちの体質

しかし、既存のものに代わるツールの追加は、不完全で、誰もが注目するものではない。ほとんどのパブリッシャー、特に開発リソースが不十分なパブリッシャーは、あるシステムから別のシステムに切り替えることに消極的だ。プラットフォーム再構築、またはサードパーティーサービスの寄せ集めから他の単一の統合型システムへ移行させることに尽力しているある大手パブリッシャーは、数年を費やし、何百万ドルと費用がかかる可能性のあるプロセスに向けた準備をしている、と、FTIコンサルティングの技術、メディアおよび電気通信業務のマネージングディレクター、ピート・ドゥセット氏は述べた。

過去に価格の高さに驚いたことを振り返れば、こうした動きは価値があるかもしれないと、ドゥセット氏はいう。しかし、ほとんどの場合、パブリッシャーはそのような大胆な行動を起こすのに必要な柔軟性を欠いている。「パブリッシャーの大半は、戦略的な決定ではなく、漸進的な決定を下している」と、ドゥセット氏は語った。

Max Willens (原文 / 訳:Conyac)

3/3ページ

最終更新:5/17(金) 8:10
DIGIDAY[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

DIGIDAY[日本版]

株式会社メディアジーン

デジタルマーケティング戦略情報に特化した
USブログメディア「DIGIDAY」の日本版。
国内外の最新情報を独自視点でお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事