ここから本文です

令和に買いたい!【外国車 大型アドベンチャー-02】2019ニューモデル大集合 #16

5/17(金) 11:30配信

WEBヤングマシン

ミドルクラスのGSも本気モード! KTMも注目

オンロードとオフロードの双方をカバーし、とにかく「旅力」が高いアドベンチャー。近頃人気のカテゴリーで、舗装路での巡航性能を重視したモデルがメインストリームとなっている。ビッグアドベンチャークラスの帝王であるGSには弟分が存在するが、今年はこちらも強力なオフ版が登場。新顔の万能選手KTMを迎え撃つ構えだ。

【写真をまとめて見る】

このクラスを制しにかかるBMW、そうはさせじとドゥカティ&KTMが立ちはだかる

並列2気筒でも水平対向と同じ爆発間隔の360度クランクにこだわってきたBMWが、ミドルGSのフルモデルチェンジとともに270度、しかも逆回転クランクを採用してきた。この対抗馬と目されるのがKTMの790アドベンチャーだ。こちらは75度Vツインと同じ爆発間隔になる285度クランクを採用した並列2気筒を搭載し、軽量な車体や同社傘下のWPサスペンションで武装する。

ドゥカティはムルティストラーダ1260の弟分に見られていた950に電子制御サスペンションを採用し、高級ミドル路線を開拓。MVアグスタはクラッチ操作のいらないSCSをツーリズモヴェローチェに新採用し、独自の並列3気筒と合わせて個性を主張する。これに同じく3気筒のトライアンフ・タイガーや、縦置きVツインのモトグッツィ・V85 TT、そしてネオレトロな単気筒のロイヤルエンフィールド・ヒマラヤンとバラエティに富んだ面々が揃う。

BMW F850GS/アドベンチャー:本格的なオフロード走行を強く意識

先代F800GSからフルチェンジを受け、スタンダードが’18年型で新登場。さらに’19年型として、23L容量に拡大された燃料タンクや防風性が高められた外装類などで冒険性能を高めたアドベンチャー仕様も追加された。エンジンは、先代の360度から逆回転の270度クランクに変更しながら排気量を拡大。スチール製のフレームも、以前のトレリス構造からブリッジタイプに完全刷新された。前後21/17インチのスポークホイールを履き、ABSプロやライディングモードを備える。STDのF800GSは、簡素なベースと、キーレスライド付きでローシートのスタンダード、ダイナミックESAを搭載したプレミアムラインがある。

1/4ページ

最終更新:5/17(金) 11:53
WEBヤングマシン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ヤングマシン

内外出版社

2019年06月号
4月24日発売

定価880円(税込)

スクープ:1135Rことヨシムラカタナ現代版!?
新型最速試乗:ホンダ新生ミドルスポーツ他
「#ヤンマシ写真部」120点一挙掲載
別冊付録:最新ヘルメットカタログ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事