ここから本文です

【月刊『WiLL』(6月号)より】米韓会談 袖にされた文在寅

5/17(金) 12:44配信 有料

WiLL

韓国はお好き?

白川 室谷さんとは初対面ですが、鋭い韓国批評を興味深く拝見しております。
室谷 いやいや……。
白川 『なぜ日本人は韓国に嫌悪感を覚えるのか』(飛鳥新社)を拝見して、韓国に心から嫌悪感をお持ちだとわかりました(笑)。時事通信のソウル特派員としても韓国経験が豊富でいらっしゃるのに、韓国はお嫌いですか。
室谷 はい(一同爆笑)。よく「本当は好きなんでしょう」と言われますが、本当に嫌いですよ。「どうして?」と聞かれたら、「悪い国だから」と答えます。
白川 年配者は韓国だと優遇される傾向がありますけど。
室谷 ある日本の商社でソウル支店長を務めた人と食事をする機会がありました。その支店長は「カレーだけは食べたくない」と言う。「なぜですか」と聞いたら、「スプーンで食べる姿を見るだけでイヤだ」と。
白川 ああ、韓国を思い出すからですか。
室谷 そう。韓国は食事のとき、鉄の箸とスプーンを必ず使いますから。支店長は「どうしてもカレーを食べたいときは、カツカレーを頼むことにしています。そうすれば、フォークも出てくるから」と言っていました(一同爆笑)。
白川 日本人が韓国に長く住むと嫌になって帰ってくる傾向はあります。
室谷 アメリカ人も韓国嫌いが多い。ソウルに在住していた同じ年齢の日本人の集まりが年に一回開催されます。韓国料理店では絶対やりません。
白川 同化する日本人もいるはずですが、何が違うんですか。
室谷 ソウルに住み着いている日本人はいますが、まともな商売についている人は少ない。日本人観光客相手に、売春を斡旋しているとか。
白川 韓国のいいところを見つけるのはなかなか大変ですね(笑)。
室谷 まったくないわけではありません。たとえば「ケンチャナヨ(大丈夫)」精神。大らかな考え方だと、これならなんとか(笑)。米韓首脳会談の報道で、聯合ニューステレビがやらかしました。文大統領の写真の下に北朝鮮国旗を出し、そのカドで報道責任者は解任に。
白川 まさに「ケンチャナヨ」ですね(爆笑)。一方で韓国側は反日的な言動を続けざまに行っています。二月に『金子文子と朴烈』(監督・李濬謚)という映画が公開されました。大正時代の日本に実在した無政府主義者・朴烈と日本人女性・金子文子を描いたものですが、映画の質は実に高い。 本文:8,596文字

【販売終了のお知らせ】

こちらの有料記事配信サービスは、販売を終了いたしました。

ご購入いただいた記事を読むには、こちらからログインしてください。

室谷克実(評論家)、白川司(ジャーナリスト・翻訳家)

最終更新:5/17(金) 12:44
WiLL

記事提供社からのご案内(外部サイト)

WiLL

ワック

2019年08月号
6月26日発売

定価900円(税込)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事