ここから本文です

新型トヨタスープラ発売開始、日本のスポーツカー史に新たな1ページが刻まれた。価格は490~690万円!

5/17(金) 13:00配信

Webモーターマガジン

GR初のグローバルモデル、待望の国内デビュー

2019年5月17日、トヨタは新型スープラを全国の販売店を通じて発売した。ボディカラーが「マットストームメタリック」のRZは、本年度生産分24台の商談申込みは5月17日~6月14日の期間、Web限定で受け付ける。

【写真】インパネ、エンジンなどをもっと詳しく見る

新型スープラは、トヨタGAZOOレーシングが展開するスポーツカーシリーズ「GR」初となるグローバルモデル。クルマ好きなら御存知のように、新型スープラはBMW Z4との共同開発車だ。2012年6月に締結したBMW社との包括提携による初の商品で、オーストリアのマグナ・シュタイヤー社のグラーツ工場に生産委託している。

5代目(日本では初代と2代目はセリカXX)となる新型スープラは、初代からの「直列6気筒をエンジンを積んだFR車」というアイデンティティを踏襲している。加えて今回は「ホイールベース」「トレッド」「重心高」の3つの基本要素にこだわり、ピュアスポーツカーにふさわしいハンドリング性能を実現したという。

ホイールベースは2シーターに割り切ることでトヨタ86よりも100mm短い2470mmとなった。ホイールベースとトレッドの比は1.55と、他の量産スポーツカーと比較してもトップレベルの小さい数値で優れた回頭性に寄与している。コーナリング性能にとって重要な要素のひとつである前後重量バランスも、理想とされる50:50の配分を達成した。

エクステリアデザインは、トヨタ スポーツのフラッグシップにふさわしいものを提案している。サイドビューはショートホイールベースと大径タイヤで、タイヤの存在を強調している。2シーターらしいタイトなキャビンとワイドトレッドからなるスーパーワイドスタンスや、直6プラスFRのロングノーズ・ショートキャビンのシルエットも特徴的だ。

空気抵抗低減に寄与するダブルバブルルーフの採用や、ヘッドランプの位置を車両内側に寄せることでフェンダーのボリュームを豊かに見せ、凝縮したボディデザインとする手法など、2000GTや先代スープラなどからのトヨタ・スポーツヘリテージを継承している。

1/2ページ

最終更新:5/17(金) 13:00
Webモーターマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事