ここから本文です

「チアシード」がダイエットに効果的といわれている理由

5/17(金) 22:00配信

ウィメンズヘルス

最近では、スムージーに入っているチアシードをよく見かけるけれど、チアシードが実際に体にどんな効果をもたらすか知っている?
そこで今回は、チアシードのダイエット効果についてアメリカ版ウィメンズヘルスからご紹介。

チアシードとは、学名「サルビア・ヒスパニカ」と呼ばれるシソ科ミント系サルビア属の植物で、花が咲いた後に作られる。米国農務省(USDA)によると、タンパク質(28gあたり4g)や、オメガ3脂肪酸が豊富に含まれているそう。さらにうれしいことに、栄養いっぱいのチアシードを食べると、1食分で11gの食物繊維を摂取できるので、満腹感が得られ、ダイエットにも効果的だと言われている。

「多くのアメリカ人が、食物繊維の推奨摂取量を満たしていません。チアシードをスナックや料理に加えると、手軽に食物繊維を補うことができます」と話すのは、食事と栄養のカウンセリングサービス「Street Smart Nutrition」の創立者であり、管理栄養士のカラ・ハーブストリート。

チアシードを食べれば痩せられるって本当?

チアシードに含まれる食物繊維が、ダイエットの手助けをしてくれるのは確か。医学学術雑誌『Annals of Internal Medicine』に掲載された論文によると、食物繊維の摂取量を増やすことで、減量が達成しやすくなるとのこと。

学会誌『Nutrition Metabolism』で発表された調査によると、減量を目指す被験者が、タンパク質の摂取量を30%増やした結果、1日あたりのカロリー摂取量を450kcalほど抑えられ、特別な食事法を採用することなく、12週間で約5kgの減量に成功できたよう。

結局のところ、体重を減らすダイエットとは、食生活と運動習慣を正すことであり、ある特定の食材を食べたり排除することではない。「これを食べると減量できるなんて食材は存在しません。もし、劇的なビフォア・アフターを求めてチアシードに過度な期待を寄せているのであれば、栄養士から個別の食事指導を受けることを勧めます」と、ハーブストリート。

要するに、チアシードがおなかの脂肪を燃焼させるわけでもなく、代謝を上げる効果があるわけでもないという。

1/2ページ

最終更新:5/17(金) 22:00
ウィメンズヘルス

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ウィメンズヘルス

ハースト婦人画報社

世界54カ国以上で愛される、
フィットネス&ライフスタイルメディア。
ワークアウト、フード、ウェルネスなどの
情報を毎日更新でお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事