ここから本文です

温泉ソムリエ「スギちゃん」厳選 海辺の絶景”ワイルド”露天風呂

5/17(金) 8:01配信

FRIDAY

海を渡る風が気持ちのいい季節。初夏の陽光に輝く海を眺めながら露天風呂を楽しむのは、最高の贅沢ではないだろうか。そんな贅沢を満喫できる露天風呂を、カリスマ温泉ソムリエのスギちゃんが紹介。こんな景色を眺めながら温泉につかっていたら、日ごろの疲れが吹き飛びそうだ。

【画像】スギちゃん激推しの海を見ながら入れる露天風呂の全貌はコチラ

■黒根岩風呂(伊豆・北川温泉):海抜0メートル。海と一体になれる温泉

「坂を下りて行ったら、目の前にドーンと海が広がる。波の音がザバーンと聞こえて、海と一体になれる。開放的で、素晴らしかったです」(スギちゃん 以下同)

“開放的”という点ではピカイチとスギちゃんが絶賛するのが、東伊豆北川温泉の波打ち際にある公営の露天風呂「黒根岩風呂」だ。

「アメリカを見ながら入る野天風呂」というキャッチフレーズ通り、目の前には何もさえぎるものがない!
波打ち際に2つの岩風呂、奥に丸い湯船があり、より“ワイルド”に海の絶景を楽しみたいなら岩風呂がお勧め。6時30分~9時30分、13時~17時45分は男性用となり、18時~21時は女性が岩風呂を楽しめる。泉質は、海辺らしく、ちょっとしょっぱい含塩化土類食塩泉。冷え性や疲労回復に効果があるというから、伊豆の海で遊んだあとにぴったりだ。

■磯の湯(伊豆・大川温泉):トンネルを抜けると海! 冒険している気分が味わえる

「ここは冒険心いっぱいの温泉。『温泉入り口』という看板が出ているところから、階段を下っていくと土管みたいなトンネルがある。『どうなっているんだろう』と思いながら、外に出ると、目の前に海が広がっている。衝撃が走ります」

波打ち際の露天風呂は男女分かれていて、伊豆では珍しいにごり湯。天気のいい日には大島も見えるが、残念なことに板塀で囲まれ、温泉につかっていると海は見えない。

「だけど、磯の香りはするし、波の音もすぐそばに聞こえる。なんといっても、トンネルからいきなり海が見える光景は、ほかにはないと思います」
大川温泉観光協会が管理している公営の露天風呂で、入れるのは11時から18時まで。

■瀬長島ホテル(沖縄・琉球温泉):コバルトブルーの海だけじゃない、飛行機も夕日も見える

あまり温泉のイメージがない沖縄だが、沖縄にも温泉がある。
「プライベートで、家族で行きました。ホテルの建物は、地中海のリゾートのような雰囲気で異国情緒満点。露天風呂からは、沖縄の海が見えるんですけど、色が本州の海とは全然違う。ブルーだったり、グリーンだったり……この絶景は沖縄でないと見られないと思います」

地下1000mから湧き出る天然温泉で、泉質はナトリウム‐塩化物強塩泉。体を温める効果があることから、「子宝の湯」とも呼ばれている。

那覇空港から車で10分というアクセスの良さも人気だ。空港が近いため、露天風呂からは離着陸する飛行機や、慶良間諸島に沈む夕日が眺められる。

■アクーユ三四郎(伊豆・堂ヶ島温泉):さえぎるものが何もない。眼下に夕日に染まる海

「崖の上に温泉があって、眼下にずーっと海が広がる。夕暮れになると、海に夕日が沈んで、海一面が金色に輝く。それはきれいです」

堂ヶ島の高台に立つホテル。露天風呂も内湯もすべてオーシャンビューで駿河湾を一望できる。内湯は40人ほど、露天風呂は20人ほどが入れる広さで開放感も抜群。

ホテルの名前になっている「三四郎」は、伝兵衛島、中ノ島、沖ノ瀬島、高島から成る4つの島の総称で、見る角度によって3つに見えたり、4つに見えたりすることから、「三四郎島」と呼ばれている。3月~8月の干潮時には、陸からいちばん手前の伝兵衛島まで海底が現れ、歩いて島まで行くことができる。
オーシャンビューの客室からは、徐々に道が現れるこの様子を見ることができる。

■ホテル紫苑(岩手つなぎ温泉):御所湖の景色をひとりじめ。たくさんの温泉を楽しめるのも魅力

「ここの露天風呂から見えるのは、海ではなくて御所湖という湖なんですけど、湖の向こうに岩手山も見えて、すごくきれいな湖なんです。何より楽しいのは、露天風呂なのに周囲が障子で囲まれていて、障子を開けると景色が見える。『ひとりじめの湯』という名前がついているんですけど、まさに景色をひとりじめした気分になれる。それが楽しい」

「ひとりじめの湯」には、2つの露天風呂があり、スギちゃんが感動したのは、「ひとりじめの湯・絹の湯」。もう一つは「ひとりじめの湯・檜の湯」で、こちらからも御所湖が一望できる。
ほかに「南部曲がり家の湯」として、南部赤松で仕上げた「赤松の湯」、大きな岩が浴槽を取り囲む「大岩の湯」があり、それぞれ雰囲気の違った温泉を楽しむことができる。


スギちゃん 1973年生まれ。愛知県出身。2012年、R-1ぐらんぷりで準優勝。「ワイルドだろぉ?」でブレイク。‘15年に結婚。現在1児の父。温泉街が好きだったことから‘07年、芸能界で初の温泉ソムリエの資格を取得。その後、温泉ソムリエアンバサダー、カリスマ温泉ソムリエにステップアップ。現在、『ワイルドスギちゃんが行く!にっぽん秘境温泉めぐり』(CS放送 旅チャンネル)、『さんすう犬ワン』(Eテレ)などにレギュラー出演中。

取材・文:中川いづみ

最終更新:5/17(金) 8:22
FRIDAY

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事