ここから本文です

新型トヨタ スープラ登場! 490~690万円の価格は高い? 安い?

5/17(金) 13:10配信

GQ JAPAN

BMWとの提携により復活

2019年5月17日、トヨタ新型「スープラ」の日本仕様が販売開始された。17年ぶりの復活である。

1978年発売の初代(日本名はセリカXX)からかぞえ5代目になる新型スープラは、これまでとおなじFRレイアウトを継承。さらに、トップグレードが搭載するエンジンも直列6気筒を継承した。

ちなみに、今回の新型スープラは、ドイツ・BMW社との包括提携(2012年6月29日締結)による初の商品だ。現行のBMW「Z4」と多くの部分を共有する。

くわえて生産は、オーストリアにあるマグナ・シュタイヤー社の工場でおこなわれるという。

86より短いホイールベース

新型スープラのボディは全長×全幅×全高:4380mm×1865mm×1290mm。エクステリア・デザインはロングノーズ・ショートキャビンシルエットである。

また、ヘッドランプの位置を車両内側に寄せることで、フェンダーのボリュームを強調する。これは、かつての「2000GT」や先代スープラも使った手法という。

ホイールベースは、2シーターに割り切った結果、4人乗りの「86」より100mmも短い2470mmを実現した。さらに、ホイールベースとトレッドの比は1.55であり、優れた回答性に寄与するそうだ。

また、重心高にもこだわっており、水平対向エンジン搭載の86より低いという。前後重量バランスは50:50だ。

エンジンは直4or直6ターボ

搭載されるエンジンは2.0リッター直列4気筒ターボエンジンおよび3.0リッター直列6気筒ターボエンジンの2種類。いずれもトランスミッションは8ATが組み合わされる。

2.0リッター直列4気筒ターボエンジンはチューニングの異なる2タイプから選べる。ベースグレードの「SZ」に搭載される標準仕様は最高出力197ps/4500rpm、最大トルク320Nm/1450~4200rpm。高性能版グレードの「SZ-R」に搭載されるのは最高出力258ps/4500rpm、最大トルク400Nm/1450~4200rpm。

3.0リッター直列6気筒ターボエンジンはトップグレードの「RZ」に搭載される。最高出力340ps/5000rpm、最大トルク500Nm/1600~4500rpmを発揮する。

1/2ページ

最終更新:5/17(金) 13:10
GQ JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事