ここから本文です

世界三大レースのインディ500が開幕、佐藤琢磨が2度目の優勝を狙って好スタート

5/17(金) 18:00配信

Webモーターマガジン

佐藤琢磨が練習走行で2番手のタイム

2019年5月26日、今年で103回目となるインディアナポリス500マイルレース(インディ500)が開催される。すでに練習走行が始まっており、5月17日のプラクティス3日目では佐藤琢磨が2番時計をマークした。

【写真】インディ500練習走行の模様をもっと見る

インディ500はインディカーシリーズの中の一戦として行われるが、ほかのレースとは異なる特別なレースと位置づけられ、通常のルールとは異なる古くからの独特の慣習のもとでイベントが進行していく。

たとえば、通常インディカーレースは週末にかけて行われるが、インディ500だけは約1カ月かけて開催されるのも特別(今年は5月11日にインディアナポリスのロードコースを使ったレースがインディカーシリーズ第5戦として行われた)。

決勝は5月の最終月曜日メモリアルデイ「戦没将兵追悼記念日」の前日(今年は5月26日)と決まっていて、レースは国をあげてのイベントとして行われる。今年は5月14日から4日間にわたり練習走行が行われ、5月18日と19日の2日間かけて予選を実施。33の決勝グリッドが決定すると、「カーブデイ」と呼ばれる金曜日のファイナルプラクティスまでコースを走行することができず、レース前日の土曜日には市内を巡るパレードに全ドライバーや関係者が参加するのが決まりとなっている。

その予選も独特で、予選初日は全マシンが決勝進出をかけてアタックを行うが、同時にここで翌日のポールデイでのグループ分けと出走順番も初日の予選で決まることになる。各ドライバーは単独走行で4周連続周回のアタックを行う。初日が終了した時点で、10番手から30番手までの選手はグリッドが確定。この予選でトップから9番手に入ったマシンには、翌日のポールデイでポールポジションを争う「ファスト9」に参加する権利が与えられる。

予選2日目「ポールデイ」では、まず前日の予選で31番手から33番手に入ったマシンが最後列のグリッド順を決めるためアタック「ラストロウシュートアウト」を行い、その後、栄光のポールポジションを争う「ファスト9シュートアウト」が行われる。

1/2ページ

最終更新:5/17(金) 18:00
Webモーターマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい