ここから本文です

米実況アナが奇跡の美技 中継中にファウル捕球、「なんてプレーだ自分!」と自ら実況

5/17(金) 16:33配信

THE ANSWER

実況しながら捕球「そして、私がキャッチ!」、ファン絶賛の嵐「GG賞を彼に」

 米独立リーグで実況アナウンサーが演じたスーパーキャッチが話題を呼んでいる。客席上部の中継ブースに飛んできたファウルボールを素手でキャッチ。そのまま「なんてプレーだ、自分!」と自画自賛の実況を演じ、お茶の間に届けた。実際のシーンをMLB公式サイトが動画付きで公開し、米ファンから「ゴールドグラブ賞を彼に」「冷静に実況したことに感銘」「なんて英雄だ」と絶賛の嵐となっている。

【動画】「なんてプレーだ、自分!」と自ら実況! そのまま冷静に喋り続け…米実況アナが演じた“奇跡の美技”の実際の瞬間

 普段は選手のプレーを伝える実況アナが自らスーパープレーを演じた。16日の米独立リーグ、アトランティックリーグのロッカーズ―ペイトリオッツの一戦だ。その7回、試合を実況しながら打者が放った打球がバックネット裏一塁側へ飛んできた。白球はあろうことか、窓の開いた中継ブースに飛び込んだ。次の瞬間だ。なんと実況アナは素手で華麗にキャッチしてみせたのだ。

 しかも「カドゥーロがスイングして放送席にファウル。そして、私がキャッチ!」と冷静に実況。「自分自身をとても誇りに思います。誰かがビデオを撮っていることを願います。現在1ボール2ストライク。あぁ、自分に感銘を受けました。なんてプレーだ、自分!」と自画自賛しながらもガッツポーズを繰り出し、沸き立つ客席のファンに向けてボールをプレゼントしていた。

的確な実況ぶりに賛辞「冷静に実況したことに感銘受けた」

「Cut4」公式ツイッターは「このアナウンサーはファウルボールをキャッチし、彼自身をとても誇りに思っている」とつづり、バックネットから撮られていた“実況アナの奇跡”を動画付きで公開。目の当たりにした米ファンは絶賛の嵐となっている。

「ゴールドグラブを彼にあげるんだ」
「ボールあげちゃダメだろ(笑)」
「実況が最高」
「正直、彼が冷静さを保ち続けてあのように実況したことに感銘を受けた」
「なんて英雄だ」
「面白すぎ」

 このように返信欄で喝采が起こり、再生回数は50万回を突破した。自ら美技を演じながらも何が起こったのか分からない視聴者に向け、アナウンサーとして実況することも忘れなかった。そんな姿はまさに野球の実況アナの鑑と言えるかもしれない。

THE ANSWER編集部

最終更新:5/17(金) 16:40
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事