ここから本文です

侮辱行為? 360度ダンス風フェイント…世界で反響拡大「最も奇妙で最も異常なスキル」

5/17(金) 12:01配信

Football ZONE web

南アフリカ1部パイレーツMFカリンゲが繰り出した衝撃フェイントが話題

 南アフリカ共和国で珍フェイントを駆使したドリブルが生まれ、海外で反響が拡大している。同国1部オーランド・パイレーツFCが11日にポロクワネ・シティと対戦して3-0と快勝したなか、まるでダンスを踊るような“360度フェイント”が注目を集め、その一部始終を捉えた映像が拡散している。

【動画】「最も奇妙で最も異常なスキル」と反響拡大! これは侮辱行為!? 衝撃の“360度ダンス風フェイント”の瞬間

 パイレーツは前半7分、21分、42分と前半だけで3点を奪うなど、本拠地で攻撃力を発揮。後半30分から途中出場したパイレーツの27歳MFツァーボ・カリンゲが後半アディショナルタイムに驚くべきスキルを見せつけた。

 自陣のハーフウェーライン付近からドリブルを開始したカリンゲ。3点差で試合終了間際という状況も相まって、諦め気味の空気を醸し出した相手のプレッシャーは緩く、カリンゲはフリーの状態で持ち上がる。すると余裕を見せつけるように、正面、横、後ろのさまざまな角度から股抜きフェイントを繰り出した。その間、ボールとダンスするような軽やかなステップを刻んだ。

 珍フェイントは注目の的となり、英メディア「スポーツ・バイブル」は「カリンゲの360度ターンは、史上最もクレイジーなスタンドプレー」と伝え、「彼はプレッシャーに晒されておらず、最も奇妙で最も異常なスキルを生み出した」と記している。

 その一方、奇怪なフェイントが侮辱行為にあたるという声も上がり、スペイン紙「AS」は「リスペクトの欠如、それとも少しばかり楽しんだだけ?」と言及。「ポロクワネの選手から批判を受けている」としながらも、「これこそ観客がお金を出すべきプレーでは?」と意見を投げかけている。驚愕の珍フェイントは賛否両論となっているようだ。

Football ZONE web編集部

最終更新:5/17(金) 12:01
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事