ここから本文です

ドレスコーズ・志磨遼平、ちょんまげ姿に大喜び!「知人に送ると鉄板です」

5/17(金) 17:00配信

ザテレビジョン

5月25日(土)放送のドラマ「やじ×きた 元祖・東海道中膝栗毛」(毎週土曜日夜9:00-9:54、BSテレ東)第8話に、ドレスコーズ・志磨遼平がカメオ出演することが判明。今回、志磨の役写真、弥次喜多コンビとの3ショットが公開された。

【写真を見る】志磨遼平、草鞋で全力疾走!

「やじ×きた 元祖・東海道中膝栗毛」は、十返舎一九の「東海道中膝栗毛」を原案としたドラマ。和田正人演じる喜多八と、松尾諭演じる弥次郎兵衛が東海道を西へ「お伊勢参り」にかこつけた“自分探し”の旅の、道中を描く。

■ 志磨遼平「ちょんまげの自撮りは、知人に送ると鉄板」

“島平”役で出演する志磨は「ちょんまげの自撮りは、知人に送ると鉄板です。ありがとうございます」と喜ぶ。

弥次喜多コンビには「お二人ともごあいさつするなり、温かく迎えてくださり、撮影が始まってからも和田さんは経験の少ない僕を目いっぱいフォローしてくれ、松尾さんはシュールな笑いで緊張をほぐしてくれるのでした。おかげで慣れないながらにアドリブを入れてみたりする余裕ができました」と感謝。

そして、「本当に、役柄通りのチャーミングで温かいコンビです」と話した。

そんな志磨の演技について、和田は「台本に書いているセリフをなまらせるなど、しっかりと役作りをして臨まれていました」とコメント。

一方の松尾は「強烈なインパクトを残していかれました。特に、走り。草鞋を履いてあんなに全力疾走できるのは恐らく志磨さんだけでしょう」と称賛する。

志磨は本作で主題歌を担当。その楽曲「Bon Voyage」については「明日からまた次に進むために背中をそっと押してくれるような楽曲」(和田)、「聞いていると、喜多さんとの旅へのエールのようで勇気をもらえます」(松尾)と、それぞれ感想を明かした。

第8話で、志磨演じる島平がどのように弥次喜多コンビと絡むのか。

■ 志磨遼平コメント

――“島平”を演じられて、いかがでしたか?

映画やドラマの撮影は数えるほどしか経験がないのですが、どの現場よりもテキパキとスピーディーに撮影が進むことに驚きました。さすが太秦…!

そして、ちょんまげの自撮りは知人に送ると鉄板です。ありがとうございます。

――見どころを教えてください。

やはり、人情味あふれる筋書きと、お二人の快活なやりとりではないでしょうか。僕の出番は一瞬なので、どうかまばたきせずにご覧ください。

■ 和田正人コメント

――志磨さんと共演されて、いかがでしたか?

アーティストさんはまた役者とは違った表現で、独特の空気をまとっていましたね。そして、しっかりと爪痕を残していかれたなと! 正直、もう少し長く一緒にお芝居したかったです。

――主題歌「Bon Voyage」を聞かれた感想は?

メロディーもそうですが、歌詞を見るとものすごく、僕たち“弥次喜多コンビ”に寄り添ってくれているなというのが第一印象でした。

珍道中では情けない姿や格好良い姿があるわけですが、情けなくダメな姿までを優しく包み込んでくれて、明日からまた次に進むために背中をそっと押してくれるような楽曲ですよね。

現場にいたあの短い時間で感じ、ここまで見事に曲にしていただき、さすが志磨さんだなと思いました。この曲によって、「やじ×きた」がものすごく彩られました。そして、ラブロマンス感も強まったなとも思います。

■ 松尾諭コメント

――志磨さんと共演されて、いかがでしたか?

衣装を着て現場に現れたときは、どこの誰かと訝り、紹介を受けてなるほどとはなったものの、どうせちょこっと通りすがりくらいで出るだけなのだろうと思っていたら、思いもよらず強烈なインパクトを残していかれました。

特に、走り。草鞋を履いてあんなに全力疾走できるのは、恐らく志磨さんだけでしょう。

――主題歌「Bon Voyage」を聞かれた感想は?

収録アルバムのタイトルが「ジャズ」ってのも含めて、常に変化を求めながらも、古き良きを大切にしているところが「やじ×きた」とぴったりだなと。聞いていると、喜多さんとの旅へのエールのようで勇気をもらえます。

■ 第8話(5月25日[土]放送)あらすじ

喜多(和田正人)は志津(篠原真衣)という女性に頼まれて、ぎっくり腰の老武士・藤右衛門を助ける。

志津は嘉納兵馬という男に父を殺され、叔父の藤右衛門と共に、敵討ちすべく相手を探していた。腕の立つ喜多は、藤右衛門の頼みで敵討ちに加わることに。

一方、弥次(松尾諭)は山道で足を滑らせ、炭焼き小屋の兵吉とおちか(美都)に助けられる。おちかは兵吉に思いを寄せていた。

そんな中、炭焼き小屋に志津、藤右衛門、喜多がやって来て…。狐は果たして誰なのか?(ザテレビジョン)

最終更新:5/17(金) 17:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン35号
8月21日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事