ここから本文です

アニメ「うちの娘。」7月4日スタート!! ファンがアガる放送直前企画も続々決定!

5/17(金) 18:56配信

ザテレビジョン

テレビアニメ「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」の放送開始日が、7月4日(木)に決定。TOKYO MX、BS11ほかにて毎週木曜夜11:30から放送されることが決まった。

【写真を見る】アニメ「うちの娘。」オープニングテーマを担当するラティナ役・高尾奏音のアーティスト写真が公開!

■ OPテーマを担当する高尾奏音のアー写公開!

また、オープニングテーマ、エンディングテーマ情報も新たに解禁。オープニングテーマを担当するラティナ役・高尾奏音のアーティスト写真が公開されたほか、エンディングテーマが、岡本信彦演じるデイルが歌う「This is 勇者, but 残念!?」に決定。両主題歌は、7月24日(水)に同時発売される。

またアニメ放送に先駆け、6月30日(日)昼1:00から東京・ユナイテッド・シネマ豊洲にて、第1、2話の先行上映会の開催も決定。同イベントでは、岡本信彦、高尾奏音らのキャストトークショーも行われる。さらに同日夜9:00からは、岡本と高尾出演の「『うちの娘。』保護者観覧放送第1回」がスタート。7月4日(木)の本放送開始を盛り上げていく。

アニメ「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」の原作は、CHIROLUによる同名小説(HJノベルス/ホビージャパン)。小説投稿サイト「小説家になろう」で連載が開始され、その後ホビージャパンより書籍化された人気作品で、今回のアニメは、“ホビージャパン50周年記念アニメ化作品”と銘打たれている。

すご腕冒険者の青年・デイル(CV:岡本信彦)は、とある森で幼い魔人族の少女・ラティナ(CV:高尾奏音)を保護するが、ラティナのあまりのかわいさにメロメロに。仕事も忘れて“うちの娘”ラティナを溺愛する親バカ全開のハートフルストーリーが展開する。(ザテレビジョン)

最終更新:5/17(金) 18:56
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン39号
9月18日

定価:410円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事