ここから本文です

女子高生はなぜ「なんちゃって制服」を着るのか

5/17(金) 5:40配信

東洋経済オンライン

 おしゃれ大好きな女子高生たちは、毎日メイクやヘアスタイルに余念がありません。もちろんファッションの流行にも敏感な彼女たちですが、遊びに行くときに選ぶ服はなんと「制服」。放課後だけでなく、休みの日でも制服を着てお出かけします。

この記事の写真を見る

■女子高生の半数は休みの日でも制服

制服で遊ぶといえば、「制服ディズニー」を思い浮かべる人もいるでしょう。記事(『彼女たちはなぜ制服でディズニーに行くのか』)にも書きましたが、女子高生はJKブランドの価値を熟知しているため、「なんちゃって女子高生」が多いディズニーリゾートには、なおさら「現役女子高生としてのプライド」として制服を着ていくのです。

 ディズニーリゾートなど特別なレジャースポットに行くとき以外でも、女子高生は制服を着て遊びます。調査会社のテスティーが5月13日に発表した「制服に関する調査」によると、女子高生の50.2%が休みの日に制服を着て遊びに行ったことがあると回答しています。

 行き先はディズニーリゾートを挙げている人が多かったのですが、映画や食事、ショッピングなど普通の休日にも着用している様子がうかがえました。

 そして友人と出かけると、何をするかといえば「プリクラ」です。調査にも「制服プリを撮りたかったから!」との回答があり、79.5%の女子高生がプリクラを撮っていました。「高校生活は3年間しかないから今のうちにいっぱい着る」とのコメントも。それだけ制服は青春を象徴する大切なものだとわかりますね。

 プリクラ機の人気機種は「PINKPINKMONSTER(ピンモン)」や「これ以上可愛くなってもいいですか(コレカワ)」などがありますが、「制服で撮るなら#アオハルだね」とは、ある女子高生の弁。「#アオハル」はカメラの高さや角度、向きを動かせるため、全身を入れられるうえに、最も盛れる写真が撮影できるのです。

 また、ある女子高生は「制服なら服のセンスもバレないし、SNSに上げてもあれこれ言われない」と話していました。友人と遊びに行くと必ずプリクラや自撮りをInstagramにシェアする彼女たちにとって、服装や小物のコーデは失敗できません。制服ならアレンジするにしても、リボンやネクタイを足したり、セーターの色を変えたりするぐらいしかできないため安心です。

1/2ページ

最終更新:5/17(金) 5:40
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事