ここから本文です

オスがメス化!? フクロムシに奴隷にされたカニの皮肉な生涯【えげつない寄生生物】

5/17(金) 7:00配信

デイリー新潮

フクロムシのお味は? 

 人間の好奇心とは計り知れないもので、このようなちょっと気味の悪い寄生者でも食べてみようという方がいます。ある方はメスのモクズガニについていたフクロムシを茹で、別の方はアナジャコに取りついていたフクロムシをフライパンで炒って味わっていました。どちらの感想も簡単に言うと、「まずくはないがうまくもない」という感じだそうです。

カニの甲羅についている黒いつぶつぶの寄生者

 カニに取りつく寄生者はフクロムシの他にもいます。特に私たちがよく目にするカニの寄生者といえば「カニビル」だと思います。カニをまるまる購入するとその甲羅に直径5ミリほどの黒いつぶがついていることがあります。それが、カニビルという寄生者です。

 カニビルはその名の通り、カニについているヒルのような寄生虫です。カニビルは体内に寄生しているのではなく、卵がカニの甲羅にくっついているだけの外部寄生です。カニビルは、ふだんは柔らかい泥の中で生活しています。そして、産卵は通常、固い岩などにおこないます。岩の他にも、固い物であれば何にでも産卵する習性があるため、ズワイガニの甲羅、甲殻類、貝類の殻にも産卵します。また、カニビルがカニの甲羅に産卵した場合、カニの甲羅にのって様々な場所に移動することができるため、生活範囲を広げる効果もあると言われています。カニビルはズワイガニの甲羅に卵を産み付けるだけで、ズワイガニの体内に寄生したりはしませんから、カニにとっては無害な生物です。

※参考文献
Glenner, H., Hebsgaard, M.B. (2006) Phylogeny and evolution of life history strategies of the parasitic barnacles (Crustacea, Cirripedia, Rhizocephala). Molecular Phylogenetics and Evolution 41 : 528-538.
Walker, G. (2001) Introduction to the Rhizocephala (Crustacea : Cirripedia). Journal of Morphology 249 : 1-8.
高橋徹「性をあやつる寄生虫、フクロムシ」『フィールドの寄生虫学――水族寄生虫学の最前線』長澤和也編著 (2004) 東海大学出版会

 ***

次回の更新予定日は2019年6月7日(金)です。

バックナンバーはデイリー新潮で公開中。
連載一覧はこちらhttps://www.dailyshincho.jp/spe/parasite/から。

成田聡子(なりた・さとこ)
2007年千葉大学大学院自然科学研究科博士課程修了。理学博士。
独立行政法人日本学術振興会特別研究員を経て、国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所霊長類医科学研究センターにて感染症、主に結核ワクチンの研究に従事。現在、株式会社日本バイオセラピー研究所筑波研究所所長代理。幹細胞を用いた細胞療法、再生医療に従事。著書に『したたかな寄生――脳と体を乗っ取り巧みに操る生物たち』(幻冬舎新書) 、『共生細菌の世界――したたかで巧みな宿主操作』(東海大学出版会 フィールドの生物学(5))など。

2019年5月17日 掲載

新潮社

3/3ページ

最終更新:5/17(金) 7:00
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売

「デイリー新潮」は総合週刊誌「週刊新潮」が発信する最新の話題に加え、専任取材班による綿密な取材に裏打ちされた記事を配信するニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事