ここから本文です

NGT「山口真帆」問題、事件直後の録音データ入手、犯人との生々しいやり取りを再現

5/17(金) 18:46配信

デイリー新潮

犯人と公園で対峙

 NGT48・山口真帆(23)に対する暴行事件で、デイリー新潮は5月17日までに、事件当日の“録音データ”に関する内部文書を入手した。

 ***

 暴行事件の直後から、犯人たちは山口に謝罪を繰り返していた。その場で話し合いが持たれることになり、山口や男たちは近くの公園に移動。その時点から会話が録音されていた。第三者委員会が3月18日に発表した調査報告書にも、《本件事件に関しては、複数の録音データ(いずれも事件当日のもの)が存在する》とある。

 今回入手した内部文書は、この録音データを文字起ししたものだ。文書に記されている各人の会話と、調査報告書で引用されている文言を付き合わせると、完全に一致した。こうしたことなどから、デイリー新潮は入手した内部文書の信憑性は極めて高いと判断した。

 改めて事件を振り返ろう。調査報告書では、暴行事件で逮捕された男2人を甲と乙、事件に関与し、事件直後に甲と乙に合流した3番目の男を丙とし、登場するNGT48のメンバーについては、AからFまでのアルファベットで表記した。この記事もそれに従い、入手した内部文書の引用にあたっては原文の平仮名を漢字に改めたり、誤字を修正したりした。

 2018年12月8日、NGT48劇場での公演が終了すると、山口らを乗せたマイクロバスはメンバーを自宅に送り届けるために出発。最初の停車ポイントでメンバーAが降車した。ここで丙が「まほほん(註:山口真帆のあだ名)、あの車両に乗ってる?」と声を掛け、Aは「乗ってるよ」と答えた。

 今回の事件では「つながり」という言葉に注目が集まった。メンバーとファンとの私的な交流を指すが、Aと丙の間には「つながり」があった。要するに2人は顔見知りで、Aは丙に気軽に山口が乗車していると明かしたのだ。

 甲たちは、山口の住むマンションに自分たちも部屋を借りていた。しかも、山口の部屋の向かいという位置。また後に大きな問題となるが、過去にはメンバーBも同じマンションに居住していたという。

 丙の連絡を受け、甲や乙は山口が自室に戻る時間を逆算、共用廊下の様子に気を配りながら山口を待ち続けた。報告書によると、山口はバスを降りてマンションに帰ると、エレベーターで移動。共用廊下に誰もいないことを確認してから、自分の部屋に入ろうとした。ドアを閉めようとしたところ、乙が手でドアを押さえ、こじ開けてきた。

 乙は玄関の中に入り、山口の顔を掴んで押し倒そうとした。山口は乙を押し返した。ドアを閉められそうになった時、向かいの部屋から甲が出てきた。甲は山口の顔を掴み、やはり押し倒そうとしてきた。しばらくの間、山口は声を出すこともできなかった。だが、1分ほどすると「助けて」と共用廊下に向かって叫んだ。すると甲は手で山口の口を押さえた。

 エレベーターが止まる音がすると、山口の口を押えていた甲の力が弱まった。山口は甲を廊下に押し出し、自分も廊下にしゃがむと泣き叫んだ。エレベーターから男性が現れ、山口に近づく。すると乙が「ケンカをしているだけだ」と弁解した。山口は首から携帯電話を掛けていたため、警察に電話しようとした。それを甲が阻止した。山口が泣き叫ぶと、甲は「ごめん、ごめん」と言った。山口は「近づくな!」と叫んだ。

 甲は山口に「メンバーに相談し、メンバーに提案されて、やったこと」、「こうすれば、まほほんと話せるよ、と提案された」と説明し、A、B、Cの名前を挙げた。山口はDに電話で助けを求めると「あと5分で行ける」との答えが返ってきた。山口がDと合流すると、暴行事件に関与しているメンバーを聞き出すため、甲と乙、そして後に山口の自宅マンションに駆け付けた丙と一緒に、近くの公園に移動した。

 ここまでは報告書の記述を中心に再現したが、これ以後は入手した内部文書から抜粋する。文書の冒頭には甲か乙かは不明だが、犯人と思われる男の弁解が記されている。

犯人:俺が全部、色々何か話したいからって、身勝手で、なんかあの、もう相当怖がらして、しかも関係ないDも巻き込んで本当に申し訳ないんだけど、今から全員呼ぶから、それで本当に謝らしてほしい。

 これに駆け付けたDと山口の会話が続く。なお、聞き取れなかったとされている部分は「【×××】」、個人名を隠す場合は「【運営スタッフ実名】」と表記した。

D:ほんと意味わかんない。受け止められない、現実を。

山口:全部現実だよ、Bは本当クズ。

D:【×××】あそこの公園、どうする? 【運営スタッフ実名】さんに連絡しとく? 公園にいるって? 

山口:うん、いいよ。それともさ、Bの部屋で話したほうがいい? それも怖いよね? 

D:Bの部屋にBいるわけじゃないでしょ? 

山口:いない。けどBの部屋を借りてるんだと思うよ、本当に。鍵も持ってるし。

D:マジで怖え。

山口:Cと【ファンあだ名】は一緒にいたんだよ。

D:え!? もう信じられないんだけど、本当に。

山口:【×××】(註:内部文書には「死ねよ、みんな。意味分かんない。私のこと押さえつけて家に入ろうとして」との発言だった可能性を指摘)、それで話す機会がもらえると思ったあいつら、自分たちが関わっているビッチと一緒にすんなよ。

D:ちょっと待って、衝撃なんだけどマジで。え!? そんなのクビじゃん、3人そろって辞めろよ、マジで。

山口:全部言うからね、全部正直に話させて録音して、全部言わなかったら、私全部、「SHOWROOM」(註:動画配信サービス)でオタクに言うから、警察にも言うから。

 そして山口は甲たちに「誰が来るの?」と質問。1人が「今から全員、できるだけ、来れるだけ」と答える。山口が名前を聞くと、報告書には登場しないメンバー(註:Gとする)の名前を挙げ、更にAも言及。だが調査報告書は、甲、乙、丙ともAに連絡を取った事実は確認できず、実際にAは公園に来なかったことを指摘している。

 山口が「誰と、誰と、誰には連絡したんですか?」と確認を求めると、男の1人はGの名前しか出さない。その後の会話は以下の通りだ。

山口:Gだけですか? 

男:はい。

山口:誰には連絡した? 他に? 

男:俺が直接(他のメンバーには連絡が)取れない。

山口:Gとあとは? 誰に連絡したの? 

男:連絡してんのGだけ。

山口:え? Gしか関わってないってことですか? 

男:はい。

山口:なんで? 

男:俺経由で、他に話した子はいるんだけど、今はその俺は、人づてでしか取れないから、今はとりあえず(連絡が)取れるのはGだけ。

山口:AとBとCは? 

男:(連絡は)取れないから。

山口:(連絡)取れるでしょ? 

男:いや俺、マジ取れない、それは本当に取れない。

山口:なんで? 

男:なんでって、全くつながってない。

山口:Bは? 

男:Bと僕、全く知らない。

1/3ページ

最終更新:5/17(金) 18:47
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売

「デイリー新潮」は総合週刊誌「週刊新潮」が発信する最新の話題に加え、専任取材班による綿密な取材に裏打ちされた記事を配信するニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事