ここから本文です

パーソナライズ化するフィットネス 年齢層拡大で個にフォーカス

5/17(金) 17:39配信 有料

WWD JAPAN.com

キックボクシングエクササイズの「バーネススタイル」銀座店では腸内環境を改善するプログラムを提供

日本生産性本部の「日本レジャー白書2018」によると、フィットネスクラブ市場は14年から4年連続で過去最高を更新しているという。この春も多くのジムがオープンしているが、内容で差別化を図る取り組みが目立つ。特に“パーソナライズ”は重要なトピックスだ。「13年にライザップが登場してCMがお茶の間を席巻して以来、パーソナルトレーニングジムも増加の一途をたどり始めた」と説明するのは、ダイエットジム検索サイト『ダイエットコンシェルジュ』を運営するレバレッジ。また、近年の傾向として「40~60代のミドル&シニア層ユーザーが増加傾向にある」と分析する。 本文:977文字 写真:5枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

記事購入にも使える108ポイント獲得できるチャンス

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

最終更新:5/17(金) 17:39
WWD JAPAN.com

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る