ここから本文です

市川紗椰が好きな"四股名"「現役の力士の中では『豪栄道』が抜群にいいですね」

5/17(金) 6:40配信

週プレNEWS

最初に関取に昇進したのは若隆景なんですが、アナウンサーの方も最初は噛まないように一音ずつ発音していました。早く兄弟そろって幕内に上がって、史上初の3兄弟幕内力士になると同時に、相撲ファンを混乱させるカオスな状況をつくってほしいです。

一方、「なんでそれにしたの?」と疑問に思うものもあります。そのひとつが「妙義龍」。彼の取り口は潔く技能的で、勝っても負けても表情を変えないところが私も大好きです。特に背中の筋肉の素晴らしさは角界一だと思っています。

ただ、この四股名を見ると「群馬県の妙義山にちなんでいるのかな」と思ってしまうんですが、実際は兵庫県高砂市出身。"妙技"にかけているそうなんですが、実在の地名と同じ漢字を当ててしまったのは解せません。

冒頭で述べた以外にも四股名にはさらに暗黙のルールがあって、同一音の力士がいてはダメとか、別の部屋の伝統的な漢字は使ってはいけないことになっています。どうせだったら「縁がない土地にちなんだ四股名はつけない」というルールも足してほしいですね。

さて、次回は実は歴史が長い"キラキラ四股名"と、本名で土俵に上がっている力士の理想の四股名をご紹介します!

●市川紗椰(いちかわ・さや)1987年2月14日生まれ。アメリカ人と日本人のハーフで、4歳から14歳までアメリカで育つ。現在、モデルとして活動するほか、J‐WAVE『TRUME TIME AND TIDE』(毎週土曜21:00~)、などにレギュラー出演中。"貴乃花"と"景子"と"勝"の文字が入った貴景勝という四股名は、触れないでおこうと思う

2/2ページ

最終更新:5/17(金) 6:40
週プレNEWS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週プレNEWS

集英社

No.30
7月13日(土)発売

特別定価440円(税込)

山本太郎とれいわ新選組は参院選の大穴とな
るか/プロ野球後半戦のキーマンは?/“も
らえる年金”はいくら?【グラビア】小島瑠
璃子/傳谷英里香/塩川莉世/牧野澪菜 他

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事