ここから本文です

恵比寿通ならもう行った?今年のうちに常連になりたい新店ビストロ!

5/17(金) 5:20配信

東京カレンダー

恵比寿に新たに誕生したビストロ『小泉料理店』。

訪れる度に新しい美味しさとの出会いを提供してくれ、通いたくなること間違いなしのスポットだ。

経験豊富なシェフが手がける多彩な料理が魅力

恵比寿南の交差点から歩いてすぐという好立地に、注目の新店『小泉料理店』が誕生した。

オーナーシェフは、フレンチをメインに和食や中華などさまざまな経験を積んだ小泉氏。彼が作り出す料理は、とにかく多彩。旬の食材を使用し、ほぼ日替わりで料理を提供していうという。

ビストロでシュウマイという意外な組み合わせ

小泉氏の多彩な経験を感じさせる代表的な料理のひとつが、前菜メニューの中に必ず入れているという「シュウマイ」だ。

この日は「鴨とモツのシュウマイ」であったが、桜海老やセミドライの自家製しじみなど、時期により使用する食材を変えながら提供しているという。

ソーセージからこのメニューに辿り着いたという小泉シェフ。実際に味わってみると、確かにシュウマイを食べているのだが、いつのまにか口の中はソーセージ……そしてこれが意外なほどにワインとの相性抜群で、どんどん杯が進んでしまう。

前菜やメインもワインが進む絶品揃い

続いてオーダーしたのは「ホタテのカルパッチョ」。ホタテは、飽きがこないよう一皿に生と炙ったもの2種を用意。ビーツのソースやセビーチェソースもホタテの食感や味わいに上手く寄り添ってくれている。

また、ベルガモットでマリネしたホワイトアスパラのシャキシャキとした軽やかな食感も堪らない。

メインには「鴨のロースト」をオーダー。絶妙な火入れで焼き上げられた鴨は、ジューシーで柔らか。赤ワインと柑橘系ソースというクラシックな味わいの中に、砕いたカカオの芳香やニラのソースが重なり、素晴らしい一皿に仕上げられている。

この日付け合わせには添えられたのは、舞茸。野菜は青山で開催される「ファーマーズマーケット」で売れ残ったものを仕入れ使用するのもシェフのこだわり。

彼から私たちに語られる、生産者の食材への想いを聞けば、美味しさが一層増すだろう。

1/2ページ

最終更新:5/17(金) 5:20
東京カレンダー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京カレンダー

Tokyo Calendar.Inc

2019年8月号
6月21日発売

定価800円(税込み)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事