ここから本文です

槙原寛己が史上15人目、平成唯一の快挙(1994年5月18日)

5/18(土) 7:05配信

週刊ベースボールONLINE

 プロ野球の歴史の中から、日付にこだわってその日に何があったのか紹介していく。今回は1994年5月18日だ。

 この日、行われた広島戦(福岡ドーム)。巨人の先発・槙原寛己は最後の打者、御船英之を一塁ファウルフライに打ち取った。20時14分。その瞬間、史上15人目、78年8月31日、ロッテ戦での阪急・今井雄太郎以来、16年ぶりの完全試合が達成された。

「夢みたいです。完全試合はピッチャーをやっている人なら、みんなあこがれるものですし……」

 102球を投げ切った槙原が頬を紅潮させながら、お立ち台でインタビューに答える。

 2回までに味方が5点取り援護。3回を終えたとき、すでに「完全試合」の意識はあったという。5回には金本知憲の投ゴロで、一塁への送球がショートバウンドしてしまったが、ヒヤリとしたのはそれくらい。8回終了時、捕手の村田真一から「男ならやってみんか!」と声を掛けられたが、もとより、そのつもりだった。

「最後のほうはベンチでもどうやってガッツポーズしようか、ずっと考えていましたから(笑)。三振ならグラブを投げ上げようとかね」

 最後の打球は予想していなかったファウルフライ。一瞬、どうしようかと思ったが、自然にバンザイをしてジャンプしていた。すぐに飛びついてきたのが三塁の長嶋一茂。村田、落合も次々駆け寄り、優勝したかのような騒ぎになった。

 50年に藤本英雄(巨人)が初めて達成してから完全試合は5年とあかずに繰り返されてきた。しかし、打者有利、継投全盛の時代のなかで“難度”が上がり、人工芝球場では初の快挙。平成でも唯一の達成者となった。

写真=BBM

週刊ベースボール

最終更新:5/18(土) 7:05
週刊ベースボールONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事