ここから本文です

セ一押しやったDeNA。一体どうしてしまったんや。一方、自信に満ちた原巨人は強さを見せている【岡田彰布のそらそうよ】

5/18(土) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

DeNAは気迫がない。このままではまずい

主力である外国人選手の2人を調子が悪いとみてすぐに降格させ、巨人に厳しさを求めた原監督[写真中央]チームにいい刺激を与える勝てる監督の采配の妙を見たわ/写真=BBM

 デイリースポーツ紙評論の仕事で東京にいた。5月8日のヤクルト対阪神戦の取材だ。大型連休が終わったが、プロ野球も12連戦の最終戦。世間は連休でも、プロ野球は関係なし。これがプロの宿命……。相当、疲れがたまっているだろう。しかし、そこで結果を出すのが選手の力、チームとしての底力よ。

 この試合、結論から書くと7対7で延長12回引き分け。しかし、阪神にとってはホンマ、惜しい内容やった。終盤まで5点をリードし、それでヤクルトに追いつかれ、今度は延長に入って2点を奪いながら、また追いつかれた。確実に逃げ切らねばならぬゲームなのに、阪神ベンチは投手の選択を間違ってしまったのではないか。勝ちパターンの継投でいいのに、差が5点差になったことで、余裕が生まれたのかな。経験・実績のない若手をリリーフに送り、ここから歯車が狂った。勝てると思った試合は絶対にモノにしないと……。長期連戦の最後、阪神にとってはあと味の悪いものになってしまった。

 そこから遠く離れた新潟で、DeNAが巨人にとんでもない負けを喫した。終盤に1イニング7点を奪われる屈辱的な敗戦(8対5)よ。今のチーム状態を如実に示す内容だ。オレはヤクルトとDeNAを今シーズン、セ・リーグの波乱の目と考えていた。巨人、広島の2強をおびやかす存在。ヤクルトはそんな期待を裏切らない奮闘を見せているが、問題はDeNA……。一体、どうしたってことや。チーム全体としては、まったく元気がない。なんとかしようとする気力がない。これはホンマ、危険よ。

 ラミレス監督は現在の状態で何を思っているのか・・・ 本文:2,304文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

記事購入にも使える108ポイント獲得できるチャンス

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:5/18(土) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る