ここから本文です

中日・大野雄大投手「右利きに生まれていたら……」/あこがれのポジション

5/18(土) 12:04配信

週刊ベースボールONLINE

プロ野球12球団の選手や監督・コーチに、毎週決まったお題について自由に語ってもらうコーナー。今週のお題は「あこがれのポジション」です。

中日・大野雄大投手

あこがれたのはショートです。子どものころのイメージは松井稼頭央さん(現西武二軍監督)ですね。やっぱり華があるし、一番うまい人が守るポジションだと思うんです。投手からすれば「そこに飛んだら大丈夫」と思わせてくれる。捕球ミスも送球ミスもない。中日では井端(弘和)さんがそうでしたし、今の京田(陽太)もそういう選手になりつつあります。

僕は左利きなので、小中学生時代は投手と外野手で、高校から投手一本。だから守ったことはありません。ただ、母校・京都外大西高のOB会で、年末にわかさスタジアムで草野球をしていて、そこでは左利きでもショートを守っています。右利きに生まれていたら、やりたかったですね。

写真=BBM

週刊ベースボール

最終更新:5/18(土) 19:06
週刊ベースボールONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事