ここから本文です

スペイン2部からは追放済み。レウス、クラブ消滅へ秒読み

5/18(土) 11:08配信

footballista

ないない尽くしで資金がショート

 『フットボリスタ』本誌の第65号でお伝えしたスペイン2部の給料未払いクラブ、レウスのその後をお知らせしよう。スモールクラブを買い取って自分の力で大きく強くする。それはサッカーを愛する者の究極の夢かもしれないが、ほとんど失敗に終わる。アラベスを買ったロシアの富豪ディミトリー・ピーターマンから、現在マラガとともに2部に転落中のカタールの王族アリ・タニまで死屍累々。成功したのはフェルナンド・ロイグ会長のビジャレアルくらい。シンガポールの富豪ピーター・リムのバレンシアは、チャンピオンズリーグ出場を確実にした来季以降の歩みを見なければならない。

 元バルセロナ会長ジョアン・ラポルタの右腕として活躍したジョアン・オリベルのレウス強豪化プロジェクトには、そもそも無理があった。バルセロナ近郊の人口10万人のスモールタウンで産業もサッカーのカルチャーもない。スタジアムの収容人数は4000人、そのスタジアムは市の所有で資産もない。オリベルはバルセロナやラージョ・バジェカーノのフロント入りした経験はあったものの、富豪でもない。

 何とか2年前にチームを2部に昇格させたものの、本人の口八丁と人脈任せの集金術頼りでは資金がショートするのは時間の問題だった。

そして、とうとう“プロサッカー界追放”に

 昨夏リーガの財政状態の悪化がフィナンシャルコントロールに引っ掛かり選手登録人数を減らされ(サガン鳥栖でプレーするイサック・クエンカはこの時に登録外となった選手だ)、間もなく給料の未払いが始まり、10月末に7億円近い負債が発覚。

 オリベルの「スポンサーが見つかった。未払いは解消する」という嘘が数回繰り返された後、選手がクラブを訴えた――これが記事を執筆した昨年12月末時点のことだった。1月中旬にリーガはレウスの3年間のプロサッカー界追放を発表し、1月19日の第21節ヌマンシア戦を最後に試合はストップ。オリベルはスペインのスポーツ裁判所に減刑を求めて上告していたたが、先日棄却された。

 レウス抜きの2部リーグがどうなったかというと、レウスは勝ち点「0」での最下位が確定。試合日程を消化するごとに対戦相手には1-0または0-1のスコアでの不戦勝で勝ち点3が加算される。このスコアはレウスの平均得失点から算出したものだ。クラブの方はというと選手全員が自由契約となり、資金源を完全に失って会社更生法の適用を申請。今はアマチュアのコンペティションだけを継続している状態だ。

 だが、アマクラブとしての命も風前の灯だ。プロリーグ追放が確定したことで更生の見込みなしと判断され、更生法適用が見送られ、破産手続きに入ることが濃厚だからだ。総合スポーツクラブとしての100年以上の歴史は、1人の男の無謀な夢と、わずか3年間のプロサッカー生活ともに幕を閉じることになる。

最終更新:5/18(土) 21:27
footballista

記事提供社からのご案内(外部サイト)

月刊フットボリスタ

株式会社ソル・メディア

Issue 071
7月12日(金)発売

特別定価1000円(税込)

[特集]
リアルタイム分析の進化はサッカーを変えるのか?
「再現性」を追求するデータ分析の未来

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事