ここから本文です

手をかけたつもりが故障の原因に! 意外に難しいクルマのセルフメンテ5選

5/18(土) 7:03配信

WEB CARTOP

4)ホイールナットの締め過ぎ

 ホイールナットを締めるときは10kg-mぐらいと覚えている方も多いのではないだろうか。実際、10kg-mが指定のクルマは多かったし、現在でも問題はない。ただ、軽自動車では8~10kg-mと少なめだし、SUVなどの大型になると10~12kg-mという場合が多い。

 そもそも10kg-mを感覚で締められるわけもなく、心配のあまり締め過ぎることもある。そうなると、スタッドボルトの破断などが発生するし、走行中にホイールが外れることもありうる。最近はトルクレンチが安く手に入るので、最終の締めには使うようにしたい。カチッと音がすれば規定トルクで締めたことになり、なんとなくプロっぽい感じもしてくるものだ。

5)電装系のショート

 メンテというより装着になるが、配線のミスでショートが発生することがある。実際に車両火災は1日あたり3件ぐらい起きているというが、配線ミスも出荷理由の上位に入っている。プラスとマイナスの間違いだけでなく、配線被膜の損傷によるショートなども。ヒューズを入れる意識が薄いのも拍車をかけているのだろう。配線追加にはヒューズが必要という意識が大切だ。

近藤暁史

2/2ページ

最終更新:5/18(土) 7:03
WEB CARTOP

記事提供社からのご案内(外部サイト)

クルマの「知りたい」を完全網羅
新車試乗・最新技術・お役立ち情報 etc……
すべてがわかる自動車メディアの決定版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事