ここから本文です

これから親になるプレパパママへのアドバイス3つ|出産後の変化はこうして乗り越えろ!

5/18(土) 9:10配信

ライフハッカー[日本版]

子どもが生まれた瞬間から、あなたの溺愛が始まります。

その一方、みるみるうちに授乳、睡眠、健康、キャリアのすべてが計画通りに進み始めます。

【画像】これから親になるプレパパママへのアドバイス3つ|出産後の変化はこうして乗り越えろ!

これまでに他の親たちが経験してきたことだもの。あらかじめ本を読んでおけば、子育てなんて楽勝に決まってるじゃないですか。

……残念ながら、そんなことはありません。

子育ては、一筋縄ではいきません。途方もないほどに。しかも、何もかもが予測不能です。非現実的な理想を掲げても、孤独と屈辱を得るだけでしょう。

うちの子、おかしいのかしら。それとも、おかしいのは私たち?

そんな新米パパママの悩みを解決すべく、ポッドキャスト「Motherhood Sessions」のホストを務め、「What No One Tells You: A Guide to Your Emotions From Pregnancy to Motherhood」の共著者でもある精神科医、Alexandra Sacksさんに話を聞きました。

これから子どもが生まれるプレパパママへ。生まれたあとに起こる、厄介ながらもすばらしい変化を知っておいてください。

1. 昔の生活には戻れない

新生児のケア方法や、産後のママの身体の変化についての情報は巷にあふれています。でも、「新しい始まりには、必ず終わりがつきもの」という事実についての議論は不十分とSacksさんはいいます。多くの親が、自分自身を失いかけます。

過去の生活に別れを告げるとき、悲しみが伴うことがあります。

それは、アイデンティティロスの一部です。でも、悲しみと同時に、幸せも感じることができるでしょう。

対策:悲しむ時間をとる

今は、親になるという重要な変化の時期であることを自覚しましょう。

思春期にさしかかって身体、心、ホルモンが変わるとき、ぎこちない感覚と居心地の悪さがあり、変化に苦しんだことでしょう。

母親になるのは、それと同じと考えてください。

また、生まれる前に、自分を見失わないための現実的な方法についてよく考え、話し合っておくことが重要です。

Sacksさんは、「喜びと満足を得られるルーティン」のリストを作って、冷蔵庫に貼っておくことをすすめています。これは自分自身のためでもあり、パートナーがいるなら夫婦関係のためでもあります。

新聞を読むとか、パートナーとリラックスする時間を過ごすとか、そういった気ままなルーティンは書きにくいかもしれません。

「親になったらそんな時間ないし」と思ってしまう人は多いでしょう。でも、自分らしさを保つには、そういう時間こそが必要なのです。

1/2ページ

最終更新:5/18(土) 9:10
ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事