ここから本文です

元乃木坂46・宮沢セイラの父が「娘はサッカー選手でいうと…」

5/18(土) 6:01配信

SmartFLASH

 乃木坂46を卒業し、タレントとして活躍する宮沢セイラ。元サッカー選手の父・宮澤ミシェル氏(55)は、昔をこう振り返った。

「モナコにバレエ留学をしている間に怪我をしたり、差別を受けたりと、親としては心配でした」

 結局、セイラは、バレリーナの夢を諦めて帰国したが、引きこもりがちになっていたという。そんなセイラを救ったのが、母であり、乃木坂46だった。

「全然知らなかったんだけど、乃木坂46のオーディションには家内が応募して合格した。僕は、新聞社の方からの電話で知ったんだけど、『乃木坂ってなんですか?』と(笑)」

 サッカー解説者だけに、「娘さんはどのポジションが向いている?」と尋ねると……。

「中盤のトップ下。たとえるなら南野拓実、中島翔哉、堂安律。自分でもグイグイ行くけど……じつはアシスト役が得意なタイプ。

 突っ走るように見せて要所要所で、大事なところでアシストする。きょうだいでもそういう面が出ていますし、周囲にも気を遣っています」

 上の写真は、生後3カ月のセイラと、30歳で現役だったミシェル氏。父は、娘のよき理解者であり、応援団長でもある。


(増刊FLASH DIAMOND 2019年5月30日号)

最終更新:5/18(土) 6:28
SmartFLASH

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事