ここから本文です

【フォーミュラEチーム紹介10】チャレンジングな姿勢が注目される“NIOフォーミュラE”

5/18(土) 12:01配信

Webモーターマガジン

将来を見据えて新しい技術を積極的に導入

5シーズン目を迎えたフォーミュラE、現在は11チームが参戦し、各チーム2台づつ、計22人のドライバーでドライバーズチャンピオンとチームズチャンピオンを争っている。短期集中連載で現在、フォーミュラEに参戦するチームを紹介する。

フォーミュラEマシンとはいったいどんな車両?

フォーミュラE創立時から参加、初年度にドライバーチャンピオン、ネルソン ピケ Jr.を輩出した名門チームが“NIOフォーミュラE”だ。ただ今シーズンはまだ表彰台なし。その背景にはあえて新しいことに挑戦するという考え方があるようだ。

NIO(ニーオ)は中国・上海にある電気自動車メーカー(上海蔚来汽車)。チームはチャイナ・レーシングとしてスタート、NEXTEV TCR フォーミュラEチーム、NEXTEV NIOと進化しながら、現在のチーム体制を築き上げてきた。現在、本拠はイギリスに置かれている。ツインモーターシステムを採用するなど、斬新なアイデアが注目を集めている。

オリバー ターベイ

2015年、2016年にスーパーGTにホンダNSXで参戦、ル・マン24時間でクラス優勝するなど日本でもおなじみのドライバー。フォーミュラEへはシーズン1:2014-2015から現在のチームの前身であるチャイナレーシング フォーミュラEチームから参戦している。今シーズンは第7戦が終了した時点でランキング17位。

トム ディルマン

フォーミュラルノー、F3、GP3、GP2を経験して、2016年には2016年フォーミュラV8 3.5のチャンピオンを獲得したフランス人ドライバー。2018年にはWEC世界耐久選手権LMP1クラスに参戦するとともに、スーパーフォーミュラにもシーズン途中から出場した。フォーミュラEには今シーズンからの参戦となるが、まだポイントを獲得できていない。
(データは2018-2019シーズン第7戦ローマE-Prix終了時点)

Webモーターマガジン

最終更新:5/18(土) 12:01
Webモーターマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事